漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【僕のヒーローアカデミア】310話「師と弟子」の感想・考察まとめ|初代の名前が判明【ヒロアカ】

4/26(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号(5月10日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の310話「師と弟子」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ310話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

ヒロアカ310話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話 - - -
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
329話 330話 - - -

ヒロアカ309話のおさらい

  • 傑物学園の真壁漆喰・投擲射手次郎が再登場
  • 助けてくれたデクが以前とはあまりに雰囲気が違ったと思う真堂
  • デクはマスキュラーを警察署まで運ぶとその場を後にする
  • 危機感知に反応が無いためオールマイトの元に戻るデク
  • デクは手足に圧縮サポートアイテム”ミッドガントレット”を装着している状態
  • デクが周囲を巻き込む事を恐れていると察するホークス
  • オールマイトは引き続きデクのサポートをすることに
  • 怪我を負っていたデクは退院ができる状態まで回復
  • デクの母にOFAの秘密を明かすオールマイト
  • 死柄木は居場所の捕捉が可能なため雄英には戻らないと言うデク
  • デクは心配する母に必ず戻ってくると宣言
  • 志村奈々の言葉を伝えたデクは、グラントリノのマフラーを受け取る
  • トップ3とデク・オールマイトがチームアップすることに

▼309話の詳しいまとめはこちら

ヒロアカの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
4位 301話 火の不始末 前編 2021年11号
2位 302話 火の不始末 後編 2021年12号
3位 303話 トップ3 2021年13号
3位 304話 緑谷出久と八木俊典 2021年14号
5位 305話 緑谷出久と死柄木弔 2021年15号
1位 306話 終章開幕 2021年16号
4位 307話 おひさ!! 2021年17号
5位 308話 全力!! 2021年19号
3位 309話 子どもじゃいられない 2021年20号
9位 310話 師と弟子 2021年21・22号

310話のあらすじ・ネタバレ

避難しようとする一般人を救うデク

ヒロアカ310話狐女性

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

雨が降る中、「化物め」と攻撃をされる獣の姿をした女性。
女性がサポートアイテムで攻撃される直前、デクが割って入り女性を助けます。
女性を攻撃する人たちに対し、「この人に敵意はありません」と言うデク。

女性は家に籠っていればその内落ち着くと思っていたために避難が遅れ、避難所(ヒーロー学校)に行こうと飛び出したところだった様子
「…元に…戻るのかしら」と不安を口にする女性に「戻します」と言うデク。

デクはオールマイトに後を頼む

ヒロアカ310話オールマイト登場

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

デクが女性と話していると、その場にオールマイトが登場。
デクはオールマイトに「彼女を避難所へお願いします」と言って立ち去ろうとしますが、オールマイトにトンカツが入っている弁当を渡されることに。
「ありがとうございます」とデクは笑顔でお礼を言います。

街を見下ろすデク

ヒロアカ310話OFAの全て

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

タワーに登って街を見下ろすデクに、「まるで時代が逆行しているかの様さぁ」と言う5代目・万縄大悟郎。
目をつけられないように息を潜める現状は、まるで超常黎明期のようだと続けます。

死柄木やオール・フォー・ワンなどの手掛かりは未だ掴めず、ダツゴクへの対応で警察も人手が足りない様子。
「AFOの”個性”を移植された死柄木は、エンデヴァーや相澤先生たちと協力しても尚止められない程強かった」と言うデク。
ワン・フォー・オールの全て・・を引き出さないと何も止められない事態に

2代目・3代目の正体とは?

ヒロアカ310話2代目

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

場面は遡り、デクが目覚める前のOFAの中へ。
2代目・3代目に対し、「頼むよ。マイヒーロー」と協力するように言う初代。
しかし、2代目・3代目が返事をしないため、万縄は今のうちに4代目・6代目の個性に慣れておこうと提案します。

デクが継承者たちと話している一方で、「俺たちは最も苛烈な時代を生きた」と言う3代目。
オール・フォー・ワンの肉体的全盛であり、ひたすらに支配を拡げていた時代に、オール・フォー・ワンの支配に打ち勝つために”リーダー”は仲間を率いて戦ったと2代目に言及します。

3代目の発言の後、「”宿敵を救けたい”なんてイカレた幻想に俺たちの歩みを委ねるのか?」と続ける2代目。
2代目の言葉を聞いた初代は、宿敵の片割れと知りながら自らに手を差しのべた理由を問います。

「本当にその小僧で終わると思うか?」と問う2代目に、「ああ」と答える初代は「君が手を差し伸べてくれたからOFAは始まったんだ」と続けます。

2代目・3代目もデクに協力

ヒロアカ310話歴代継承者全員

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

継承者たちが話していた過去から、場面は現在へ。
「いいか小僧。ここからは加速していくぞ」と言う2代目に「はい!!」と返事をするデク。

310話の内容まとめ

  • 避難しようとする一般人を救うデク
  • デクは車で現れたオールマイトに後を頼む
  • オールマイトから弁当を受け取り、デクは笑顔で礼を言う
  • まるで超常黎明期のような現状
  • OFAの全てを引き出す必要がある事態に
  • 2代目・3代目に協力を頼む初代
  • 最も苛烈な時代を生きた2代目・3代目
  • 2代目はリーダーとして仲間を率いてAFOと戦った
  • デクの発言を「イカレた幻想」と言う2代目
  • 初代は自らに手を差しのべた理由を2代目に問う
  • OFAが始まったのは2代目が初代に手を差し伸べたから
  • 2代目・3代目もデクに協力することに

310話の感想・考察まとめ

2代目・3代目の正体が明らかに

OFA継承者の2代目は、オール・フォー・ワンの肉体的全盛の時代に、オール・フォー・ワンの支配に打ち勝つために仲間を率いて戦った者
初代である与一が宿敵の片割れと知りながら手を差し伸べ、OFAの始まりに繋がったようです。

3代目は2代目を”リーダー”と呼んでおり、2代目の仲間の内の一人だったと思われます。

OFAの継承者一覧
初代 2代目 3代目
ヒロアカ304話初代アイコン
死柄木与一
ヒロアカ310話2代目アイコン
不明
ヒロアカ310話3代目アイコン
不明
4代目 5代目 6代目
ヒロアカ304話4代目アイコン
四ノ森避影
ヒロアカ304話5代目アイコン
万縄大悟郎
ヒロアカ304話6代目アイコン
7代目 8代目 9代目
ヒロアカ305話7代目アイコン
志村奈々
ヒロアカ304話8代目アイコン
八木俊典
ヒロアカ304話9代目アイコン
緑谷出久

2代目の個性の正体は?

「加速」といったスピード系?

ヒロアカ310話加速

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

デクに対し「ここからは加速していくぞ」と話しかける2代目。
あえて加速という言葉を使っているため、個性は「加速」もしくはスピードに関連したものだと思われます。

また、6代目の煙は308話にて「俺たちの”個性”は殆ど・・がそれ単体では必殺にはなりえない」と言及しています。
2代目・3代目の個性は他の継承者とは異なり、それ単体でも充分強力な個性の可能性があります

「銃」に関連した攻撃系の個性?

ヒロアカ310話突入

引用元:週刊少年ジャンプ2021年21・22合併号

オール・フォー・ワンの肉体的全盛の超常黎明期、仲間を率いて戦っていた2代目は宿敵の片割れである初代・死柄木与一の元に突入します。
その際、2代目は腕につけている「銃」のようなアイテムを初代に向けており、”個性”が「銃」に関連した攻撃系のものと考えることもできそうです。

お弁当の包みは22話以来の登場

ヒロアカ3巻22話お弁当

引用元:『僕のヒーローアカデミア』3巻22話

310話にてオールマイトがデクに渡したお弁当を包んでいるのは、兎の柄のナプキン。
このナプキンは3巻22話にてオールマイトが使っていたものと同じであり、約290話ぶりの登場となりました。

ヒロアカの関連記事まとめ

考察・関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話 - - - -
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話 - - -
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
329話 330話 - - -

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。