漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【僕のヒーローアカデミア】324話「未成年の主張」のネタバレ感想・考察まとめ|タイトル回収・1話のリフレイン回【ヒロアカ】

8/30(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年39号(9月13日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の324話「未成年の主張」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ324話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話 - - -
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話

ヒロアカ323話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 校長にエビデンスを求める飯田
  • 雄英はタルタロスと同等の防御力を誇る
  • 根津校長は更に独自の改修を加えていた
  • 雄英バリアは単なる防壁に留まらず「動く」
  • 雄英バリアの真価が明らかに
  • 怒号を上げる雄英の避難民たち
  • ベストジーニストの説得は失敗に終わる
  • デクの「危機感知4th」は避難民に対し大きな反応を見せる
  • 避難民の説得を試みるお茶子

▼前話323話の詳しいまとめはこちら

ヒロアカの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
5位 315話 綺麗事 2021年27号
5位 316話 THE NEXT 2021年28号
3位 317話 傷、血、泥 2021年29号
3位 318話 ヤミクモ 2021年30号
7位 319話 友だち 2021年32号
6位 320話 デクvsA組 2021年33・34号
1位 321話 A組からOFAヘ 2021年35号
3位 322話 大・爆・殺・神ダイナマイト 2021年36・37号
3位 323話 一歩 2021年38号
4位 324話 未成年の主張 2021年39号

本誌324話のあらすじ・ネタバレ

お茶子のモノローグ

人の喜ぶ顔が好きだった」というお茶子のモノローグから始まる324話。
「両親はいつも疲れた顔をしていてそれが辛かった」とのモノローグのコマでは、お茶子の両親がお茶子を心配そうに見守る姿が
「初めてヒーロー活動を目にした時、周りの人々に目が行った」とモノローグは続きます。

デクの姿を目の当たりにする避難民たち

お茶子の言葉を聞きデクの方を見て、「……ボロボロじゃん」「弱そう…」と口にする避難民たち。
デクに助けられた獣人の女性は身を乗り出し、「私を助けてくれた後もずっと戦ってたんだ…」と呟きます。
デクの姿を目の当たりにして息を呑むも、お茶子に「俺たちまで泥に塗れろってのかぁ!?」と言葉を張り上げるオールマイトのTシャツを着た男性。

お茶子は屋上から声を上げ続ける

男性の発言に対し、お茶子は「泥に塗れるのはヒーローだけです!!」「泥を払う暇を下さい!!」と続けます。
屋上から声を上げ続けるお茶子を見守るA組の生徒たち。
そんな中、デクに「麗日くんは今戦っている」「君を含めた全ての人の笑顔の為に」と話しかける飯田。
お茶子の懸命な姿にデクは涙を浮かべます。

避難民に向かって話すお茶子

セントラル病院に入院中の相澤先生やTOP3のヒーローたちが見守る中、自分たちも不安であるため、今この場で安心させる事はできないとお茶子は謝ります。
ヒーローのイールボーイを見て笑顔になっている人々を見て、自分も笑顔になるという回想が描かれつつ、胸中で「ヒーローが辛い時、ヒーローたち・・が辛い時」「ヒーローを守るのはきっとーー」と思うお茶子。
避難民に対し「共に明日を笑えるように」と力を貸すよう頼みます。

お茶子の言葉に涙を流すデク

デクが隣で休んで備えることを許してくれないかと頼むお茶子を見て、涙を流すデクの母。
「緑谷出久は力の責任を全うしようとしてるだけの、まだ学ぶ事が沢山ある、普通の高校生なんです!!」と言うお茶子。
ここを彼のヒーローアカデミアでいさせて下さい!!」とのお茶子の言葉を聞いたデクは、遂に地面にうずくまり号泣します。

デクに駆け寄る洸汰・獣人の女性

泣き出したデクの元へ駆け寄る獣人の女性。
また、ラグドールを振り切って洸汰もデクの元に駆け寄ります。
その光景を目にし、「”あと一歩” 近寄ることのできなかった人々のーー」と自らの言葉を思い返す校長。
これは僕が最高のヒーローになるまでの物語」「そして」「みんなが最高のヒーローになるまでの物語だ」と締めくくられます。

ヒロアカ324話の内容まとめ

本誌324話の内容一覧

  • お茶子のモノローグから始まる324話
  • 避難民の中にはお茶子を見守る両親の姿が
  • デクの姿を目の当たりにする避難民
  • お茶子を見守るA組の生徒たち
  • ここを彼のヒーローアカデミアでいさせて下さい!!」と言うお茶子
  • 地面にうずくまり号泣するデク
  • 獣人の女性・洸汰がデクの元に駆け寄る

▼最新325話の詳しいまとめはこちら

本誌324話の感想・考察まとめ

「未成年の主張」とは?

「学校へ行こう!」の企画の一つ

「未成年の主張」とは、2005年頃までにTBSで放送されていた「学校へ行こう!」という番組の企画の一つ。
屋上から生徒たちが思いの丈を叫ぶという企画であり、323話・324話のお茶子のことを端的に表しているサブタイトルと言えるでしょう。

お茶子のモノローグの内容とは?

ヒロアカ212話お茶子

引用元:『僕のヒーローアカデミア』22巻212話

AB対抗戦の最中、「黒鞭5th」が暴走し始めてしまったデク。
そんなデクを止めるために動いたのがお茶子であり、212話では324話と同じように「人の喜ぶ顔が好きだった」というモノローグが描かれていました。

ヒーローを助けるのは周りの人々?

「ヒーローが辛い時 誰がヒーローを守ってあげられるだろう」という212話から描かれているお茶子のモノローグ。
その答えは「ヒーローを守るのはきっとーー」との描写から、ヒーローの周りの人々・人々の笑顔なのではないでしょうか?

トガヒミコの描写の意味とは?

ヒロアカ289話トガの涙

引用元:『僕のヒーローアカデミア』30巻289話

避難民に「共に明日を笑えるように」と力を貸すように頼むお茶子は、289話にて「好きに生きて他人を脅かすなら…その責任は受け入れなきゃならない」との言葉に「うん、そうだね」と答えたトガヒミコのことを思い出します。
ヴィランとして多くの人を殺害しているトガヒミコとが社会的に許されることはないですが、お茶子とわかり合うといった展開が描かれるのかもしれません。

1話のリフレイン回

「これは僕が最高のヒーローになるまでの物語だ」と締めくくられた1話。
連載7年目となった324話にて、「これは僕が最高のヒーローになるまでの物語」「そして」「みんなが最高のヒーローになるまでの物語だ」とリフレインされることとなりました。

タイトル回収は4話以来

ヒロアカ4話タイトル回収

引用元:『僕のヒーローアカデミア』1巻4話

雄英高校の一般入試の結果発表時に、デクに対し「雄英ここが君のヒーローアカデミアだ!」と伝えたオールマイト。
324話では「ここを彼のヒーローアカデミアでいさせて下さい!!」とお茶子の口から再度タイトル回収が行われることとなりました。

ヒロアカの関連記事まとめ

考察・関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話 - - - -
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話 - - -
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。