漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【僕のヒーローアカデミア】303話「トップ3」の感想・考察まとめ【ヒロアカ】

3/1(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年13号(3月15日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の303話「トップ3」の感想・考察をまとめていきます。
ヒロアカ303話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

ヒロアカ303話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話
310話 311話 312話 313話 -
33巻
314話 315話 316話 317話 318話
319話 320話 321話 322話 -

 

302話のおさらい

  • 燈矢から目を離さないように冷に命じるエンデヴァー
  • 燈矢たちが遊んでいる一方で、エンデヴァーは焦凍に訓練をさせる
  • エンデヴァーが悪いと夏雄に夜な夜な語りかける燈矢
  • 燈矢は止めようとする冷に反抗し訓練を続けていた
  • 燈矢の炎の色は赤から蒼へと変化
  • エンデヴァーは燈矢が隠れて訓練をしていたことを知ると冷に暴力を振るう
  • 燈矢は個性を暴発させて山火事を起こしてしまう
  • 燈矢が死に後に引けなくなったエンデヴァーは焦凍に傾倒するように
  • 子供たちにエンデヴァーの面影を見る冷
  • 焦凍はエンデヴァーに「皆で燈矢兄を止めに行こう」と言う
  • 病室の外ではホークス・ベストジーニストがその様子を伺っていた

▼302話の詳しいまとめはこちら

ヒロアカの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
5位 294話 ラストステージ 2021年2号
4位 295話 しつこい 2021年3・4号
2位 296話 極々、地獄 2021年5・6号
6位 297話 タルタロス 2021年7号
2位 298話 崩れゆく音 2021年8号
3位 299話 邦画の辛いヤツ 2021年9号
3位 300話 地獄の轟くん家2 2021年10号
4位 301話 火の不始末 前編 2021年11号
2位 302話 火の不始末 後編 2021年12号
3位 303話 トップ3 2021年13号

 

303話のあらすじ・ネタバレ

轟家の元にホークス達が登場

ヒロアカ303話焦凍

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

前話で病室の外にいたホークス・ベストジーニストの二人は、轟家の面々の元に現れます。
冷は、荼毘がホークス・ベストジーニストに怪我をさせたことについて土下座をして謝罪しますが、ホークス達に諌められることに。

ベストジーニスト達は、エンデヴァーに荼毘について聞きにきた様子
また、ホークスは焦凍の火傷について聞き、冷が原因であることを知ります。
自身は両親に向き合えず諦めて見限ったため、母に火傷を負わされた焦凍に「君はかっこいいな」と言うホークス。

現在の日本の状況について

ヒロアカ303話ヴィラン

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

話題は代わり、現在の日本の状況について。
ヴィランとの戦いの後、わずか二日間で以下の事態が発生しているとホークスの口から語られます。

行方不明の敵たち
死柄木 荼毘 トガヒミコ
スピナー スケプティック -
解放戦線構成員 132名
脳無ニア・ハイエンド 7匹

上記に加え、死柄木と脳無によりタルタロス他6か所の刑務所が破られ、少なくとも1万人以上の受刑者が野に放たれることに。

ヒーロー公安委員会の中枢メンバーが死亡および重症となっているため、ヒーローをまとめる機能が失われており、風向きの悪さを察したヒーローたちが今も続々と辞職中という状況となっています。

また、ヴィランの活性化が進み、ヒーローを信じきれなくなった一般市民が武器を手に取り戦うことで、被害が被害を呼ぶような状況も発生。

政府が各国から救助隊・ヒーローの要請をしているものの、公安の停止によりヒーローの派遣手続きが滞っているとのこと。

ホークスは現在の状況を鑑みて、トップ3のヒーローによるチームアップをエンデヴァーに提案します。

 

ワン・フォー・オールが明らかに?

ヒロアカ303話デク

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

チームアップを取りつけたホークスは、続いてマスコミ等への説明責任を果たす必要があることに触れます。
答弁内容を考えたホークスは、不明瞭な要素として"ワン・フォー・オール"について言及します。

死柄木との応戦時にエンデヴァーが"ワン・フォー・オール"と呟いたことで、"ワン・フォー・オール"の存在はマスコミにも知れ渡ってしまっている様子
また、"オール・フォー・ワン"と何かしら関係があると思われているようです。

ホークスに"ワン・フォー・オール"について問われたエンデヴァーは、デクとの会話を思い出し「…デク…?」と零します。

一方、デクの病室に向かった爆豪は梅雨ちゃんに捕らえられ、峰田・砂藤に運ばれることに。
常闇・上鳴の二人も退院可能となった一方で、目を覚まさないデクの病室を見つめ「不安だ…」というお茶子。

そこにデクと話をするため、ホークス・ベストジーニストの二人が現れます。
しかし、オールマイトが二人きりにしてくれと言ったことが飯田によって明かされます。

病室の中ではオールマイトがデクの手を握っており、デクが先代たちと話していることを感じていました。

 

303話の内容まとめ

  • ホークス・ベストジーニストが轟家の面々の元に登場
  • 二人に対し荼毘が怪我をさせたことを土下座して謝る冷
  • 一方、二人は荼毘についてエンデヴァーに聞きに来た様子
  • 少なくとも1万人以上の受刑者が野に放たれることに
  • ヒーロー公安委員会の中枢メンバーが死亡および重症
  • 風向きの悪さを察したヒーローたちが今も続々と辞職中
  • 政府が各国から救助隊・ヒーローの要請をしている
  • ホークスはトップ3のヒーローによるチームアップを提案
  • "ワン・フォー・オール"がマスコミにも知れ渡っている様子
  • エンデヴァーは"ワン・フォー・オール"がデクに関係していると気付く
  • 意識が戻らないデクは先代たちと話している状態

303話の感想・考察まとめ

他国のヒーローが登場!?

ヒロアカ303話海外ヒーロー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

303話では、政府が各国にヒーローの要請をしていることが明らかになりました。
ヒーローと思われる5人のシルエットが描かれているコマが存在しますが、この5人が今後登場する可能性が高いです。

キャラ予想 個性 特徴
ヒロアカエレクプラント
エレクプラント
発電 画像の左端のキャラ。
イギリスで活躍中のヒーロー。
体内で電気を作り出せる"個性"を持ち、その強力な電撃を武器に戦う。
ヒロアカニイカング
ニイカング
憑依 画像の右端で吹き出しと被っているキャラ。
スーダンで英雄と称えられているプロヒーロー。
相手の意識に入り込み自由を奪うことで戦いを有利に運ぶ。

※「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」の特典冊子「Vol.Origin」から引用。

ワン・フォー・オールについて

ヒロアカ303話OFA

引用元:週刊少年ジャンプ2021年13号

エンデヴァーが"ワン・フォー・オール"と呟いたのは、28巻274話でのこと。
マスコミにも"ワン・フォー・オール"の存在が知れ渡っており、"オール・フォー・ワン"と関連づけられている様子
デクの病室にいるオールマイトが、ホークスたちに"ワン・フォー・オール"について明かすかもしれません。

 

ヒロアカの関連記事まとめ

過去のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話
310話 311話 312話 313話 -
33巻
314話 315話 316話 317話 318話
319話 320話 321話 322話 -

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。