漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【僕のヒーローアカデミア】301話「火の不始末 前編」の感想・考察まとめ【ヒロアカ】

2/15(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年11号(3月1日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の301話「火の不始末 前編」の感想・考察をまとめていきます。
ヒロアカ301話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

ヒロアカ301話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話
310話 311話 312話 313話 -
33巻
314話 315話 316話 317話 318話
319話 320話 321話 322話 -

 

300話のおさらい

前話のあらすじ・内容まとめ

  • ヒーローとヴィランの戦い、凶悪ヴィランの脱獄、脳無の存在によって都市部はパニックに
  • ヒーローを見限り自衛のためにサポートアイテムを手にする一般人たち
  • 一般市民の戦闘によって更なる被害が生まれる事態に
  • No.9ヒーローの「ヨロイムシャ」が引退を表明
  • "ヒーロー"の意味が今一度問われ、篩に掛けられる事態に
  • 脱獄し刀を手にするステイン
  • エンデヴァーは何とか一命を取り留めることに
  • 「心が もう」と泣くエンデヴァー
  • 妻の冷が登場し轟家の面々が揃うことに

▼300話の詳しいまとめはこちら

ヒロアカの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
2位 292話 一縷の希望たち 2020年52号
1位 293話 ヒーロー飽和社会 2021年1号
5位 294話 ラストステージ 2021年2号
4位 295話 しつこい 2021年3・4号
2位 296話 極々、地獄 2021年5・6号
6位 297話 タルタロス 2021年7号
2位 298話 崩れゆく音 2021年8号
3位 299話 邦画の辛いヤツ 2021年9号
3位 300話 地獄の轟くん家2 2021年10号
4位 301話 火の不始末 前編 2021年11号

 

301話のあらすじ・ネタバレ

エンデヴァーと妻・冷の出会い

ヒロアカ301話冷

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

エンデヴァーと妻の冷の出会いの場面へ。
エンデヴァーは"個性婚"という前提で氷叢家に声をかけ、冷と顔を合わせることに。
冷は"個性婚"である事も承知の上で、家の為にエンデヴァーの妻になると首肯したとのこと。
水辺に咲いている花を見つめる冷を見て、エンデヴァーが「花が好きか」と尋ねると、冷は「はい とても綺麗」と答えました。

場面は現在に戻り、久しぶりに顔を合わせるエンデヴァーと冷の二人。

一方の荼毘は、腕を見て自身の個性で焼けていることを再確認し、「何も感じねぇ」と発言。
エンデヴァーが死んでいるとは思っておらず、そろそろ表に出てくると確信しています。
目元から血を流しつつ、家族の名前を呼んで「俺を見てくれ 地獄の底で」と言う荼毘

轟家の過去回想

ヒロアカ301話燈矢

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

場面は燈矢の幼少期へ。

"個性"訓練に付き合ってと頼む燈矢ですが、エンデヴァーにダメと言われた様子。
燈矢は炎の個性因子をより色濃く引き継いでいるものの、肉体は母親の方を強く引き継いでおり、炎への耐性よりも氷結・寒さに耐性のある身体だと判明します。
デザインじみた事を医者に否定されるエンデヴァーですが、オールマイトの活躍を目の当たりにした上、オールマイトを超えられると思った燈矢の体質を知り、焦燥感を募らせていくような表情を見せます

白い髪の割合が増え始めている燈矢は、妹の冬美が心配しているにもかかわらず、「火をつけたのはお父さんだ」とオールマイトを超えることを目指します。

どれだけ言っても毎日新しい火傷を作ってくる燈矢を諦めさせるため、またオールマイトを超える存在を作るため、エンデヴァーは更に子供を作ることに

焦凍の誕生と燈矢の爆発

ヒロアカ301話燈矢の爆発

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

日々オールマイトとの差を感じるエンデヴァーでしたが、夏雄が生まれ、遂に焦凍が生まれることに。
焦凍が生まれ、エンデヴァー・冷・燈矢の三人は各々違った表情を見せます

焦凍を見て絶望を感じたかのような表情をした燈矢は、「俺のこと見てよ」と一人で個性の訓練を続けます。
自らの個性で火傷を負う燈矢に対し、ヒーローの夢を忘れるように諭すエンデヴァー。
一方で、同年代の周りがヒーローになると言っている上、エンデヴァーの子どもであるためにヒーローの夢を諦められない燈矢

「オールマイトを超えられる」と燈矢に火をつけたのはエンデヴァーだと、燈矢は個性を発動して焦凍を抱える冷に襲い掛かります。

回想から現代に戻り、「一番辛いのはあなたじゃない」「あの子を見なかったのはあなただけじゃない」と言う冷。

 

301話の内容まとめ

  • エンデヴァーと冷の出会いの回想からスタート
  • 場面は戻り、久しぶりに顔を合わせるエンデヴァーと冷
  • 荼毘はエンデヴァーがそろそろ表に出てくると確信
  • 燈矢の身体は炎への耐性よりも氷結・寒さに耐性がある
  • オールマイトの活躍により焦りを見せるエンデヴァー
  • エンデヴァーは燈矢とは別に、オールマイトを超える子供を作ることを目指す
  • 焦凍が生まれ、各々違った表情を見せるエンデヴァー・冷・燈矢の三人
  • 燈矢は焦りを感じたのか個性の訓練を続ける
  • 燈矢にヒーローの夢を忘れるように諭すエンデヴァー
  • なかったことになんてできない」と焦凍を抱える冷に襲い掛かる燈矢

301話の感想・考察まとめ

エンデヴァーの感情の変遷

ヒロアカ301話狂気

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

291話時点では、燈矢・冬美の二人が望んだ"個性"ではなかったものの、エンデヴァーは「それでもまァ良かった」と満足気です。
しかし、燈矢が個性に耐えられない身体だと判明し、オールマイトの活躍により焦燥感を募らせることに。

毎日新しい火傷をつくっている燈矢にオールマイトを超えることを諦めさせるため、新しく子供を作ると決意したエンデヴァーは追い込まれているような表情を見せます。
妻の冷もエンデヴァーを見て冷や汗をかいています

焦凍が生まれた時の反応

ヒロアカ301話焦凍

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

夏雄が生まれるも、オールマイトとの差を感じているエンデヴァーは更に焦りを募らせることに。
そのエンデヴァーが焦凍が生まれた際には、燈矢に夢を諦めさせられる・オールマイトを超えられるという両方が混ざったような歪な笑みを浮かべています

一方で妻の冷は、荒んでいた様子を見せていたのが、焦凍が生まれ肩の荷が下りたかのような表情を見せていると言えるでしょう。
狂気を見せるエンデヴァーをやっと止められると感じたのかもしれません。

病院の医者は殻木球大?

ヒロアカ301話医者

引用元:週刊少年ジャンプ2021年11号

エンデヴァー・冷の二人は、現在エンデヴァーやデクたちが入院している「セントラル病院」で医者と向き合っています。
この医者のシルエットは、ヴィラン側にいたドクター「殻木球大」に似ていると言えます。

エンデヴァーと顔を合わせていたことで燈矢の存在を知っていた殻木球大によって、荼毘は身体を改造されるなど何かしら介入を受けたのかもしれません。

 

ヒロアカの関連記事まとめ

過去のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話
310話 311話 312話 313話 -
33巻
314話 315話 316話 317話 318話
319話 320話 321話 322話 -

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。