漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【僕のヒーローアカデミア】299話「邦画の辛いヤツ」の感想・考察まとめ【ヒロアカ】

2/1(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年9号(2月15日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の299話「邦画の辛いヤツ」の感想・考察をまとめていきます。
ヒロアカ最新話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

ヒロアカ299話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年9号

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話

 

298話「崩れゆく音」のおさらい

  • リ・デストロの分身が公安で暴れる
  • 紫安しあん刑務所・婆柩ばあぐ刑務所・九隠くいん刑務所などが襲撃され、受刑者が放たれる事態に
  • 死柄木の身体を乗っ取ったAFOは、死柄木の「身体を休ませ完成させる」ことを目論みます
  • 事件から二日後、爆豪が目を覚ます
  • ベッドの上で志村のことを想うグラントリノ
  • 相澤先生は右足を失うことに
  • 病院の外ではエンデヴァーの容体などを知りたがるマスコミの集団が
  • 手術中のエンデヴァーと、エンデヴァーの代わりに荼毘と戦うことを決意する焦凍
  • 焦凍の元に冬美・夏雄と誰かが訪れる
  • 目を覚まさないデク

▼298話の詳しいまとめはこちら

ヒロアカの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
2位 290話 ダビダンス 2020年49号
3位 291話 元気でいてくれてありがとう 2020年50号
2位 292話 一縷の希望たち 2020年52号
1位 293話 ヒーロー飽和社会 2021年1号
5位 294話 ラストステージ 2021年2号
4位 295話 しつこい 2021年3・4号
2位 296話 極々、地獄 2021年5・6号
6位 297話 タルタロス 2021年7号
2位 298話 崩れゆく音 2021年8号
3位 299話 邦画の辛いヤツ 2021年9号

 

299話「邦画の辛いヤツ」のあらすじ・ネタバレ

ホークスの過去が描かれる

ヒロアカ299話ホークス幼少期

引用元:週刊少年ジャンプ2021年9号

街に出かけようとしただけで父親に殴られる、幼少期のホークス(=鷹見啓悟)。
彼は、幼少期はヒーローがいるのはテレビの向こう側で、アニメと変わらない架空の存在だと思っていました。

父の鷹見は端金欲しさに人を殺し、その逃走中に母の遠見絵に匿われ、そのままホークスが産まれることに。
遠見絵の"個性"に頼ったこと、ホークスが産まれたことを後悔する父と、父に「逃げないでね」と執着する母を見て、こうはならないと耐えていたホークス。

しかし、ある日父の鷹見は車を盗んだところ、エンデヴァーに捕まることに
架空ゆめ」が「現実」になり、ホークスはヒーローが実在することを実感します。
母は父を匿っていた罰を恐れてホークスを連れ家を出ますが、まともに生活することができず、母は剛翼の"個性"を使ってでもお金を持ってくるようにホークスに言います。
しかし、ホークスは正しくあろうとし、母と共に家族ごと「鷹見」との関わりを一切抹消して新たな人生を歩むという全面支援を受けることとなります。

ベストジーニストと車で移動

ヒロアカ299話不信感

引用元:週刊少年ジャンプ2021年9号

ベストジーニストが運転する車の相席で眠っていたホークスは、声をかけられて目を覚ますことに。
荼毘に重傷を負わされていたホークスですが、セントラルの医療技術で無事回復傾向にある様子。
ベストジーニストは、セントラルの医療技術を信用して脳無から着想を得た仮死状態にする手術を受けており、それにより荼毘はベストジーニストが死んだと思い込んだことが明らかになりました。

ほつれトラブルが見えた」と、ベストジーニストはヴィラン「食神BOY」の元へと車を飛ばし無事拘束します。
警察は脱獄の件で手一杯で、管轄のヒーローは事務所を畳んでトンズラしたと言う一般人たち。
自身のサイドキックを配置すると言うベストジーニストですが、ヒーローを見る一般人の中にはヒーローへの不信感を露わにするものも

ホークスの今後の動きとは?

ホークスとベストジーニストは、「羽飼」という表札の家へと向かいホークスの母を訪れました。
しかし家には誰もおらず、母は「ホークスと父の鷹見のことを教えてしまった」という置き手紙を残していました。
27巻266話で荼毘がホークスの本名を知っていたのは、母から漏れたためと理解したホークス。

リ・デストロによって公安が実質機能停止状態にある現在、ホークスに指示を出す人はいない状態。
ホークスは、母に安いからという理由でエンデヴァーのぬいぐるみを買ってもらったこと、自身の"個性"を使って人を救けたことを回想しつつ、自身の原点であり困っているエンデヴァーのために動くことを決意します。

 

299話「邦画の辛いヤツ」の内容まとめ

  • ホークスの幼少期が明らかに
  • 父の鷹見はエンデヴァーによって逮捕される
  • 公安の全面支援のもと、母と共に「鷹見」との関わりを一切抹消して新たな人生を歩むことに
  • 重傷だったホークスはセントラルの医療技術で回復傾向
  • ベストジーニストは、脳無から着想を得た仮死状態にする手術を受けていた
  • 一般人の中にはヒーローへの不信感を露わにするものも
  • 荼毘がホークスの本名を知っていたのは、母から情報が漏れたため
  • 自身の原点であり、困っているエンデヴァーのために動くことを決意するホークス

299話「邦画の辛いヤツ」の感想・考察まとめ

ホークスがエンデヴァーを慕う説得力が増した

ヒロアカ299話エンデヴァー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年9号

狂っていた父を逮捕したこと、母に買ってもらったぬいぐるみなど、ホークスがエンデヴァーのファンになった経緯が明らかになりました。
ホークスがエンデヴァーを慕う説得力が増したように感じました。

トゥワイスに言及するホークス

ヒロアカ299話トゥワイス

引用元:週刊少年ジャンプ2021年9号

トゥワイスに関して、「分倍河原は良い奴でした」「俺もそうありたい」と言及するホークス。
トゥワイスがヴィランでなければ、二人は仲良くできたのではないかと感じさせられました。

ホークスはどう動く?

今後困っているエンデヴァーのために動くであろうホークス。
ヒーローに不信感が向いている今、どのような動きを見せるのかが気になります。

 

ヒロアカの関連記事まとめ

過去のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 -
32巻
305話 306話 307話 308話 309話