漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【アンデッドアンラック】82話「視てくれよ」のネタバレ感想・考察まとめ|アンディVSビリー決着【アンデラ最新話】

10/11(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年45号(10月25日号)に掲載されている『アンデッドアンラック』の82話「視てくれよ」の感想・考察をまとめています。
アンデラ最新話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼アンデラのまとめ記事一覧

9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 -
10巻
80話 81話 82話 83話 84話

▼第1回人気投票の詳細はこちら

アンデラ80話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 地面に落下するアンディ・ビリー
  • アンディはビリーの首を取ることを決意
  • ビリーは右手で地面に触れ「不均衡UNBALANCE」を発動
  • 圧死を避けるも花びらに触れ桜化してしまうアンディ
  • ビリーの狙いは桜化の花びらを舞わせること
  • アンディを足から擦り潰そうとするビリー
  • ビリーが現時点で使える能力は6つ
  • 「大紅蓮三日月」を放つアンディ
  • 攻撃を防ぎ空中に浮かぶビリー
  • ビリーの第6の能力の正体は「不変UNCHANGE
  • アンディは自身の身体の前面を引き剥がす

▼前話81話のまとめはこちら

アンデラの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
5位 73話 上等だ 2021年35号
13位 74話 作戦開始 2021年36・37号
13位 75話 任せたぜ 2021年38号
15位 76話 光の速さに 2021年39号
9位 77話 On your mark 2021年40号
1位 78話 Set Go!! 2021年41号
15位 79話 なのに俺は 2021年42号
14位 80話 寂しいな 2021年43号
8位 81話 一対一 2021年44号
16位 82話 視てくれよ 2021年45号

本誌82話のあらすじ・ネタバレ

血の膜を作り一時姿を消すアンディ

「変わろうぜ、ビリー」と言葉をかけるアンディ。
「…何をだ」と返答するビリーに対し、アンディは「否定者オレたちの可能性だ!!」と言うと身体中から血を噴出します。
血の膜を作り出しビリーの視界を遮ったアンディは、その場から一時姿を消すことに。
一方のビリーは、「不均衡UNBALANCE」を発動して周囲の建物を外側から崩し、アンディを確実に追い込もうとします。

アンディは自らの皮を剥ぐ

ビリーのすぐ近くの建物に身を潜めていたアンディですが、自身がいる建物が潰されるのも時間の問題に。
ビリーが不変を使えるとわかった以上、もう一手もミスれない状況となります。
ビリーの各能力の使い方は以下の通り。

否定能力 能力の効果
不均衡【アンバランス】 機動性を奪う
不停止【アンストッパブル】 攻撃
不死【アンデッド】 不停止のデメリットを消す
不動【アンムーブ】 拘束
不変【アンチェンジ】 確実に捕獲する

「よく考えてある。完璧だよ」とビリーを肯定するかと思いきや、「だからこそ俺はお前を否定する」と続けるアンディ。
ビリーとの戦いに向け、不動・不変から逃れた際に身体に残った背や腕の皮を剥いでいきます。
否定能力は心の成長と共に強くなることをわかっていないビリーに対し、否定者の可能性を見せつけることに。

死影デッドシャドー」でビリーを撹乱することに

建物の中から姿を現したアンディですが、不変の空気によって攻撃は防がれることに。
更に不動を発動してアンディの動きを止め、「勝負あったな…」と口にするビリー。
しかし、ビリーの目の前で止まっていたのはアンディではなく、血で出来た抜け殻でした。
再度現れたアンディを見て「分身だと?」と疑問を抱いたビリーに、アンディは全身の皮膚を剥がして血の膜を作り、ビリーの不動対象になった瞬間、血の膜を脱ぎ捨てて裏へ回ったと明かします。
辺りに等身大のかさぶたを残す「死影デッドシャドー」を披露したアンディに対し、思わず「…狂人め…」と呟くビリー。
不変のバリアの前では無意味と続けようとしますが、「死影デッドシャドー」はあくまで目眩しであり、アンディが背後から放った「死道デッドロード」で不変のバリアごと川へ押し込まれてしまいます

アンディVSビリーが決着へ

川へと押し込まれた結果、自身の周囲を囲う不変のバリアの空気穴から水が入ってくることに。
このままバリアを張り続けると窒息してしまうため、ビリーは不変を解除します。
水面へと上がり再度不変を発動するビリーでしたが、アンディにバリアの中に入ってこられてしまいます。
ビリーに銃口を突きつけられながらも、「不変を解かず窒息しながら水中で闘うべきだった」と指をビリーの額に突きつけるアンディ。
アンディより再生が遅いビリーに対し、脳へのダメージは致命的な隙を晒すと忠告します。
「なら何故撃たん」と言うビリーに、アンディは「否定能力は能力者こそ最大限の力を引き出せる」と返答。
過去・現在に向き合った時間や想いが解釈を拡げ、力になると続けます。

ビリーが明かす本音とは?

アンディの言葉に異論はないと言うも、「全ての否定者が貴様のように強いわけではない」と続けるビリー。
能力の優秀さに比例して能力者への苦痛は増していき、能力者の中にはくじける者や自ら命を断つ者も。
そうした背景から、弱い否定者はただ生きて自らに使われていればいい、「神に挑むのは強者だけでいいんだよ」とビリーは自らの本音を明かします。
アンダーとの戦いからトップなど子供達を遠ざけようとしていた過去からビリーの発言に同意を示すも、「だがな強いぜ俺達は」と言うアンディ。

風子・スプリングが対峙する

「ウソだと思うならその眼で視るといい」と言われたビリーが視線を向けた先では、桜がタワーの頂上へと集まっていました。
スポイル・オータムと同じであれば、この現象はスプリングの本気の予兆を指し示しており、アンディは風子が頂上に着いたと確信します。
「ならもう俺は用済みだ」と言い自らの首を斬り落とし、首を不変で包むようビリーに告げるアンディ。
真意を問うビリーに対し、「俺じゃお前を変えられねぇ。なら一緒に風子を視てくれよ」「アイツならきっとお前を変えられる」と返答します。
その頃タワーの頂上では、スプリングと風子が対峙していました。

アンデラ82話の内容まとめ

本誌最新話の内容一覧

  • 血の膜を作り一時姿を消すアンディ
  • ビリーは「不均衡UNBALANCE」でアンディを追い込む
  • アンディは全身の皮膚を剥がす
  • 否定能力は心の成長と共に強くなる
  • 死影デッドシャドー」でビリーを撹乱するアンディ
  • ビリーは「死道デッドロード」で川へ押し込まれる
  • 窒息を防ぐため不変を解除するビリー
  • 互いに指・銃口を突きつけることに
  • 否定能力は能力者こそ最大限の力を引き出せる」と言うアンディ
  • ビリーは「神に挑むのは強者だけでいいんだよ」と本音を明かす
  • 桜がタワーの頂上へと集まっていた
  • スプリングと風子が対峙する

本誌82話の感想・考察まとめ

不均衡UNBALANCE」は左手でも発動可能?

80話・81話と「不均衡UNBALANCE」を発動する際、タワー・地面に右手で触れていたビリー。
それを見て発動条件は右手で触れることと推測していたアンディでしたが、82話で「不均衡UNBALANCE」を発動したビリーは地面に左手で触れていました。
右手・左手のどちらでも否定能力は発動可能なようです。

ビリーの不死の能力が弱まっている?

スポイルの腐化の光線を右手に受け、右半身が変色してしまっているビリー。
82話以前では身体の半分が腐化している状態でしたが、82話にて身体の半分以上まで腐化が進んでしまうことに。
不死の能力で腐化を留めていたものの、82話において不死の能力が弱まってしまったと思われます。

アンディのビリーへの不信感が和らいだ?

否定者から不信感を持たれると、その否定者の否定能力をコピーできるという能力を持っていると思われるビリー。
不信感を持たれている間は常に使用可能と思われましたが、不死の能力が弱まっていることから察するに、不信感が薄まると能力も弱体化するのではないでしょうか?

スプリングはフェーズ2へ?

UMAはある程度時間が経過する・ダメージを与えるなどすると、フェーズ2へと移行します。
フェーズ2へと移行する際、スポイルはゾンビ達を吸い込んでおり、オータムは子グモを吸収していたのが特徴。
スプリングも桜の花びらをタワー頂上へと集めていたことから、フェーズ2へ移行すると思われます。

アンデラの関連記事まとめ

考察・解説記事一覧

▼第1回人気投票の詳細はこちら

本誌のまとめ記事一覧

6巻
44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 -
7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話 -
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話 -
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 -
10巻
80話 81話 82話 83話 84話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。