漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【アンデッドアンラック】50話「任せたよ」の感想・考察まとめ【アンデラ】

2/8(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年10号(2月22日号)に掲載されている『アンデッドアンラック』の50話「任せたよ」の感想・考察をまとめていきます。
アンデラ50話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

アンデラ50話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号

目次

▼アンデラのまとめ記事一覧

6巻
44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 -

▼第1回人気投票の詳細はこちら

 

49話のおさらい

前話のあらすじ・内容まとめ

  • 不可視アンシーン」の否定者ショーンが死亡
  • アンディ・風子はリップ・バニーと戦うことに
  • バニーの否定能力?により銃を奪われる風子
  • リップ・ラトラの目的は、失ったラトラの妹のためにアークを手に入れてやり直すこと
  • 安野雲が見た未来では、リップ・ラトラはアークに乗れない上、ラトラを失うことになる
  • オータム捕獲編が最終局面に

▼前回の49話のまとめはこちら

アンデラの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
8位 41話 痛みなんざどうでもいい 2020年51号
17位 42話 忘れなければ 2020年52号
5位 43話 DEADLINE 2021年1号
14位 44話 不死VS不死 2021年2号
13位 45話 不運弾 2021年3・4号
12位 46話 現在で会おう 2021年5・6号
13位 47話 九能 明 2021年7号
12位 48話 ボクの知らない物語 2021年8号
13位 49話 こっちのもんだ 2021年9号
12位 50話 任せたよ 2021年10号

 

50話のあらすじ・ネタバレ

オータムと戦う風子・リップたち

アンデラ50話紅蓮三日月

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号
  • アンディと風子の強化
  • ヴィクトルとの和解
  • 不可視アンシーンの暗殺阻止

上記の3つに加えて、あとひとつの要素を達成しようと目論む安野雲

アンディ・風子が本になっている間に、人を喰うことで大きくなっていたオータムと対峙し、オータムを止めようとするアンディ・風子。

顔の殻を閉じて守りに入るオータムに対し、アンディは「再生抜刀リペアブースト」「血刃纏ブラッディエンチャント」で強化した「紅蓮三日月」を放ち、オータムの顔の殻を破壊し目を斬りつけることに成功します。
しかし、オータムは受けた傷を再生させます。

それを見たリップは、アンディを足蹴にすると「不治の出番だ」とオータムに攻撃するも、キズ一つつけられないことに。
オータムは頭部などからアンディやリップたちに攻撃をしかけます。

ラトラに攻撃が効いていないことを指摘され、「しょーがないだろ、子供なんだから」と答えるリップ。
そこに、両腕を無くした安野雲が現れます。

安野雲の具現化能力が明らかに

アンデラ50話具現化

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号

アンディたちに対し、オータム捕獲に使う最強の古代遺物アーティファクトを描くと宣言する安野雲。
「確実にオータムを捕獲できる」という安野雲を信用するアンディに対し、疑うリップたち。
リップに「あれはウソか?」と尋ねられ、「ええ、完全にウソっぱちよ」と答えるラトラ。
安野雲の言っていることが事実と判明し、リップたちは漁夫の利を狙うこととします。

自分の過去を思い返す安野雲。
九能明は、古代遺物アーティファクトのGライナーで描いたものを具現化できることに気づき、周りから認識される安野雲を具現化します
具現化した安野雲と共に母の元に訪れましたが、母は既に亡くなっていました。

母を思い出した安野雲は、子供の姿のリップを大人にすることを宣言します

安野雲により元の姿を取り戻すリップ

アンデラ50話リップ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号

安野雲は、Gライナーで時間操作の古代遺物アーティファクトを作り出すと、リップの体を15年経過させることに。
体が元に戻ったリップは、ファンがリップを治すために使った時間操作の古代遺物アーティファクトを、安野雲が作り出して使ったことに思い当たります。

時間操作の古代遺物アーティファクトを使用すると操作した時間の10倍老いることを知っていたリップは、安野雲の元に急行。
オータムの捕獲にはリップの力が必要だと知っていた安野雲は、「後は任せたよ」というとリップ達の前で姿を消しました。

 

50話の内容まとめ

  • オータム捕獲のために何かを狙う安野雲
  • 強化した能力でオータムに傷をつけるアンディ
  • 対して子供の姿のため、オータムにキズ一つつけられないリップ
  • 安野雲は「オータム捕獲に使う最強の古代遺物アーティファクトを描く」と宣言
  • 九能明はGライナーで周りから認識される安野雲を具現化
  • 時間操作の古代遺物アーティファクトでリップの体を15年経過させる安野雲
  • 古代遺物アーティファクトを使用して老いた安野雲は姿を消すことに

50話の感想・考察まとめ

九能明本人は生きている?

アンデラ50話アーティファクト

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号

安野雲は、九能明がGライナーによって具現化したものだと判明しました。
50話でリップを大人に戻したことで消えてしまった安野雲ですが、「ボクはまた独りに戻るだけだから」という言葉からも、九能明本人はまだ生きていると思われます。
しかし、姿を消した安野雲の元ではGライナーが折れてしまっているため、九能明がアンディたちに認識される可能性は低いでしょう

ラトラに耳で掴まるバニー

アンデラ50話バニー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年10号

バイクと箒が一体となったような古代遺物アーティファクトに乗るラトラとバニー。
バニーはラトラに着ぐるみ?の耳の部分で掴まっています。
否定能力は耳・着ぐるみに関連するものなのでしょうか?

古代遺物アーティファクト魂の口径ソウルキャリバー

人から魂を抜き取りものに封じ込めることができる

安野雲・Gライナーで具現化した時間操作の古代遺物アーティファクトは姿を消しましたが、その場に魂の口径ソウルキャリバーが残っています。
今後魂の口径ソウルキャリバーが使われることがあるかもしれません。

ファンは何の否定者?

安野雲がリップの体を元に戻すために使った時間操作の古代遺物アーティファクトは、操作した時間の10倍老いてしまうのが特徴
しかし、ファンはリップを子供の姿にするまで古代遺物アーティファクトを使用しており、何らかの否定能力が作用していると思われます。
タチアナのニコ特性のブラックメタル装甲にヒビを入れていること、ファンという名前から「Unfunction」(=機能しないという意)の否定者かもしれません

 

アンデラの関連記事まとめ

考察・解説記事一覧

▼第1回人気投票の詳細はこちら

各話の感想・考察記事一覧

6巻
44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 -
7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話 -
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話 -

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。