漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【アンデッドアンラック】79話「なのに俺は」のネタバレ感想・考察まとめ|アンディの想いが明らかに【アンデラ】

9/18(土)発売の週刊少年ジャンプ2021年42号(10月4日号)に掲載されている『アンデッドアンラック』の79話「なのに俺は」の感想・考察をまとめています。
アンデラ79話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼アンデラのまとめ記事一覧

8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話 -
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 -

▼第1回人気投票の詳細はこちら

アンデラ78話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • UN-STアンストッパブルTACHYORIZERタキオライザーを装着するトップ
  • チカラ・トップの狙いを見抜くクリード
  • 二人はクリードの装備を全て壊すことを狙う
  • クリードは死角全域を弾幕で潰そうとする
  • チカラとの会話を回想するトップ
  • トップは全速力で走り出し地球を一周する
  • クリードの装備の破壊に成功する
  • トップは不動の能力で停止することに

▼前話78話のまとめはこちら

アンデラの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
15位 70話 2021年31号
6位 71話 好きって 2021年32号
3位 72話 真心 2021年33・34号
5位 73話 上等だ 2021年35号
13位 74話 作戦開始 2021年36・37号
13位 75話 任せたぜ 2021年38号
15位 76話 光の速さに 2021年39号
9位 77話 On your mark 2021年40号
1位 78話 Set Go!! 2021年41号
15位 79話 なのに俺は 2021年42号

本誌79話のあらすじ・ネタバレ

アンディと風子の出会いの回想

風子とアンディが出会った2020年8月1日。
アンディはタピオカを飲み「…さして美味かねぇな」と口にします。
なんてことのない退屈な一日のはずでしたが、風子の「私の体に触れると…不治の病気に感染して…死ぬ!!」との言葉を聞いたアンディは、包丁を持つ風子の元へ向かい自ら刺されに行きます。
最初はからかってやろうと思ったんだ」と当時のことを振り返るアンディ。

リップと対面することに

ジュイスと共に地下から地上へと現れたアンディは、リップたちと対面します。
「久しぶりだな、不死」と話しかけ、「お前を風子に会わせない」とアンディに言うリップ。
今ここでユニオンを半壊させればループ装置アークを奪いやすいと、古代遺物アーティファクト走刃脚ブレードランナー」でアンディに攻撃を仕掛けます。
しかし、その攻撃はシェンによって防がれることに。
シェンは「コイツはボク達が適任と決めたハズ」と言うと、アンディに早く風子の元に行くように勧めます。

リップの攻撃を食らう組織ユニオン

アンディがシェンたちにその場を任せようとしたのを見て、「走刃脚ブレードランナー」によりラトラに対して大量の刃を放つリップ。
その刃はラトラの否定能力によって弾かれ、月時雨クレセントレイン」として組織ユニオンのメンバー達を襲います
軌道が読めない刃はシェンがさばき切ることができず、ジュイスを庇ったアンディの体や腕は両断されてしまいます。
リップに怒りを向けるジュイスでしたが、不正義アンジャスティス」を使えばリップはラトラを狙う事になり、再度跳ね返った斬撃が組織ユニオンを襲うとリップに動きを封じられてしまう結果に。
リップは「詰みだ不死。諦めろ」と言うと、風子はアンダーで使う・スプリングを倒すまで大人しくするようアンディに告げます。

アンディの風子への想いとは?

リップの言葉を聞きつつ、「最初は好奇心だった」と振り返るアンディ。
しかし、不運に呼び寄せられた隕石を見て本当に死ねるかもと思うことに。
そのために風子を口説き、守ったアンディでしたが、きっと風子でも自らを殺せないとすぐに気づいてしまいます。
それにも関わらず、「なのに俺はお前に会いたい」と刀を口に咥えるアンディ。

リップに攻撃しその場を離れるアンディ

アンディの行動を見て、「ムダだ。攻撃のため切断面を切る行為はお前にとって”治す”にあたる」と告げるリップ。
以前はアンディの認識不足により切断面を切ることができたものの、深く不治のルールを知っている今ではもうそれもできないとリップは続けます。
しかし、アンディは「俺は上へ行く」とリップに言い、エンブレムを咥えると自らの首を刀で切断します。
アンディの行動を見て「…まじで効かねぇんだな」と言うリップ。
アンディは自らの首をリップの顔面に直撃させ、「お前と同じ。俺にも全てをかけられるヤツがいる」と告げます。

アンディが風子への想いを口にする

アンディはリップの相手をシェンたちに任せ、タチアナの装甲のパージによって体をタワー上部へと運んでもらうことに。
ニコと戦っていたテラーは、タワー上部へと向かうアンディを止めようとしますが、「人の恋路を邪魔すんじゃねぇよ」と言うニコによって防がれてしまいます。
「ったく、惚れさせりゃそれでよかったんだがな」と言うアンディは、タワー内で風子を抱えているビリーの元まで到達すると、「好きだぜ風子」と自らの想いを口にします。

アンデラ79話の内容まとめ

本誌79話の内容一覧

  • アンディと風子の出会いの回想
  • リップたちと対面するアンディ
  • シェンがリップの相手を引き受けようとする
  • 月時雨クレセントレイン」で組織ユニオンを攻撃するリップ
  • アンディの体・腕が両断されてしまう
  • なのに俺はお前に会いたい」と胸中で思うアンディ
  • リップに攻撃しその場を離れることに
  • タチアナにタワー上部へと運んでもらう
  • テラーを攻撃するニコ
  • 「好きだぜ風子」と言うアンディ

本誌79話の感想・考察まとめ

リップに不正義を使用すると?

アンデラ32話不正義

引用元:『アンデッドアンラック』4巻32話

ジュイスの「不正義アンジャスティス」は、相手の考えている<正義>と真逆の行動を取らせるという能力。
リップに「不正義UNJUSTICE」を使用するとラトラを狙うことになることから、<風子を守る>というアンディの正義が反転して<風子を殺す>という行動になるように、<ラトラを守る>ことがリップの正義に当たるようです。

リップの不治アンリペアの能力について

不治アンリペアの能力とは?

アンデラ23話リップ

引用元:『アンデッドアンラック』3巻23話

リップの「不治UNREPAIR」は、リップがつけた傷に対してのいかなる治療行為を否定するという能力。
リップが死ぬまでは傷が治ることはなく、また否定能力の解除条件を聞いた時点で、リップを殺そうとする行為そのものが治療行為に当たってしまうとのこと。

アンディに不治アンリペアが効かない理由は?

アンデラ24話切断成功

引用元:『アンデッドアンラック』3巻24話

攻撃のために切断面を切る行為は、アンディにとっては治療行為に当たると言うリップ。
3巻24話時点では、アンディの認識不足により切断面を切ることが可能でしたが、不治アンリペアのルールを深く知るとそれも不可能になる様子。
アンディが自らの首を切ることができたのは、攻撃のためではなく「風子を奪還しに行くため」であったからかもしれません。

リップへの攻撃は23話のオマージュ?

アンデラ23話頭突き

引用元:『アンデッドアンラック』3巻23話

自らの首を切断したアンディは、体を再生する勢いでリップの顔に向かって頭突きをします。
これは、3巻23話にてリップに対し「部位パーツバレットヘッド」を放った時と同じ構図であり、23話のオマージュと言えるでしょう。

アンディがエンブレムを手に持つ理由は?

風子の元に向かおうとするアンディは、組織ユニオンのエンブレムを口に咥えてまで所持しているのが特徴。
最後のコマではエンブレムを持ったまま「部位パーツバレット前腕フォアアーム」を放とうとしていますが、これはエンブレムを置いていった風子にエンブレムを渡そうとしているからなのかもしれません。

額のカードを抜いている理由は?

アンデラ45話胴体から再生

引用元:『アンデッドアンラック』6巻45話

最後の見開きでエンブレムを所持しているアンディは、刀と共にカードも手に持っているのが特徴。
これは前腕をビリーに向かって放ってタワー内に侵入する際、前腕から体を復活させようと考えているからと思われます。
安野雲の能力によって過去を見つめ直したアンディは、頭部からだけではなく胴体からも再生することができるように。
前腕から復活する際にヴィクトルが出てこないよう、前もってカードを手に持っているのでしょう。

アンデラの関連記事まとめ

考察・解説記事一覧

▼第1回人気投票の詳細はこちら

本誌のまとめ記事一覧

6巻
44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 -
7巻
53話 54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話 -
8巻
62話 63話 64話 65話 66話
67話 68話 69話 70話 -
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 -

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。