漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【呪術廻戦】144話の展開予想・最新キャラ情報|死滅回游に虎杖たちはどう挑む?

『呪術廻戦』の144話の展開を予想しています。
144話で登場・活躍すると思われるキャラなどもまとめているので、是非ご覧ください。

f:id:eiga_manga:20210321170646p:plain

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

▼人気投票の関連記事はこちら

 

143話終了時のキャラ情報

メインキャラ

キャラ名 目的・状況
虎杖悠仁 乙骨に刀で心臓を突き刺される
・乙骨の反転術式により死を免れる
・上層部からは死刑執行済みとの認識
・伏黒に助けを求められる
脹相 虎杖が死刑となったことを知りキレる
・禪院直哉と戦うことに
・「超新星」を発動して直哉に勝利
・乙骨に殴られたあとの行動は不明
乙骨憂太 ・虎杖悠仁の死刑執行役の演技をする
刀で虎杖の心臓を突き刺し一度殺す
・反転術式で虎杖・直哉を治療
・総監部とは"縛り"を結んでいた
禪院直哉 ・伏黒が禪院家27代目当主となることに反対
・虎杖を餌に伏黒殺害を目論む
・脹相の赤血操術の元に敗北
・毒に苦しみ乙骨の治療を受ける
伏黒恵 ・禪院直毘人の遺言状により禪院家の27代目当主に任命
・津美紀が死滅回遊に巻き込まれていることを知る
・虎杖に助けを求める

直哉は乙骨と"縛り"を結んだ?

呪術廻戦143話交換条件

引用元:週刊少年ジャンプ2021年16号

脹相の毒が体内に入り込み苦しむ直哉でしたが、乙骨の反転術式を受け治療されることに。
一方で、治療する代わりに「虎杖の死を上層部に報告する」こととなります。

この交換条件が"縛り"であれば、直哉は上層部に報告せざるを得なくなり、上層部に虎杖が死んだと認識させることができます。
禪院家の当主候補から報告をさせることで、虎杖の死の確実性を増すことができます。

二年生たちは治療済み?

呪術廻戦143話先輩

引用元:週刊少年ジャンプ2021年16号

渋谷事変後、真希は漏瑚の攻撃を受け瀕死、狗巻は宿儺の領域展開に巻き込まれたためか腕を失ったと作中で明らかになっていました。
しかし、143話で登場した伏黒は、虎杖に対し「高専に戻ること」「先輩らと合流すること」を提案しています。

乙骨が虎杖の死刑執行人の芝居を打っていたことも明らかになったため、真希・狗巻の治療は既に済んでいると思われます。

三年の秤が遂に登場する?

呪術廻戦143話秤?

引用元:週刊少年ジャンプ2021年16号

143話では、襟元に弁護士のバッジのようなものをつけている人物が描かれています。
正式名称を「弁護士記章」という弁護士バッジは、ひまわりと天秤がモチーフ

弁護士のバッジをつけている人物は、既に名前だけ登場している三年「秤金次」かもしれません。

 

144話の展開予想

虎杖たちが死滅回游に挑む?

術式を持たないキャラが有利に?

加茂憲倫が仕組んだ「死滅回游」に非プレイヤーが参加する際は、参加・ポイント取得後19日以内にポイントが変動しないと、術式を剥奪されるというルールが存在します。
しかしルールだけを見ると、術式を持たない呪術師であればデメリットは無いのと同じ
虎杖を始め術式を持たない呪術師が活躍することになるかもしれません。

術式を持たない呪術師一覧
キャラ名 特徴
虎杖悠仁 宿儺の術式が身体に刻まれる可能性がある
禪院真希 現在死にかけている状態
・天与呪縛により身体能力が高い
パンダ 学長に作られた呪骸であるため術式を持たない
東堂葵 真人との戦いで「俺の術式は死んでいる」との発言
三輪霞 シン・陰流の技を用いる
日下部篤也 シン・陰流の技を用いる

津美紀の今後とは?

プレイヤーの種別は不明

呪術廻戦死滅回遊プレイヤー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年8号

偽夏油のマーキングを受けていたプレイヤーは、「呪物を取り込んだ者」「元々術式を所持していた者」という2パターンに該当する非術師となっています。
マーキングを受けたことをきっかけに寝たきりとなった津美紀が、どちらのパターンに該当するのかは現状明らかになっていません。

偽夏油の仕込みが明らかに?

呪術廻戦136話九十九・偽夏油

引用元:週刊少年ジャンプ2021年8号

殺し合いを強制させられる死滅回游に、性格的に参加するとは思えない津美紀。
しかし、偽夏油はマーキングをした人々が殺し合いをするような仕込みをしたと発言しています。

死滅回游への参加を拒む津美紀が、仕込みによって正気を失い、伏黒と戦うことになるといった展開も起こりうるかもしれません。

額の包帯は模様を隠している?

呪術廻戦伏黒美津紀マーク

引用元:週刊少年ジャンプ2021年8号

143話で登場した津美紀は、額に包帯を巻いている状態。
今までは額に無為転変の術式の紋様が存在していたため、それを隠していると思われます。

一方で、偽夏油が肉体を乗り移るときには、額に縫い目の跡が存在するのが特徴
津美紀の肉体に偽夏油が入り込んでおり、縫い目を隠している可能性も考えられます。
ただし、額の傷跡は"縛り"であること、偽夏油の体から移動するメリットが少ないこと、津美紀を一度殺す必要があることを考えると、この可能性が低いでしょう。

三年の秤は既に死滅回游に参加?

血は呪霊のもの?

秤と思われる人物の顔には、血が付いているように見えます。呪霊と遭遇し祓った際に付いたものでしょうか?

既に死滅回游に参加している?

非プレイヤーの死滅回游への参加条件は、コロニー内に侵入すること。秤と思われる人物は、コロニー内に侵入してしまったためプレイヤーとなって他のプレイヤー等を殺し、その際に顔に血が付いてしまったと考えることもできそうです。

 

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

考察・解説記事一覧

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 -
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 -
18巻
152話 153話 154話 155話 156話

『呪術廻戦』アニメまとめ記事一覧

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話 -