漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【呪術廻戦】147話の展開予想・最新キャラ情報|秤金次が遂に登場する?

『呪術廻戦』の147話の展開を予想しています。
147話で登場・活躍すると思われるキャラなどもまとめているので、是非ご覧ください。

呪術廻戦147話展開予想

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

 

146話終了時のキャラ情報

メインキャラ

キャラ名 目的・状況
虎杖悠仁 乙骨に刀で心臓を刺され一度死ぬも反転術式を受ける
・上層部からは死刑執行済みとの認識
・薨星宮に向かい天元と会い話をする
・伏黒と共に秤の元に向かうことに
伏黒恵 ・禪院直毘人の遺言状により禪院家の27代目当主に就任
・義姉の津美紀が死滅回遊に巻き込まれている
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
・虎杖と共に秤の元に向かうことに
脹相 虎杖が死刑となったことを知りキレる
・「超新星」を発動し禪院直哉に勝利
・虎杖達と共に天元との接触を図る
九十九と共に天元の護衛をすることに
乙骨憂太 ・虎杖悠仁の死刑執行役の演技をする
刀で虎杖の心臓を突き刺し一度殺す
・反転術式で虎杖・直哉らを治療
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
・死滅回游に単身参加し情報収集をする予定
禪院真希 ・漏瑚の攻撃を受け一時瀕死に
反転術式の治療を受け生存するも火傷跡が残る
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
・呪具の回収やパンダとの合流を目指す
九十九由基 ・上層部と関わるのを避け高専に潜伏
・虎杖達を率いて天元の元に向かう
・天元とは初対面ではない様子
脹相と共に天元の護衛をすることに
禪院直哉 ・伏黒が禪院家27代目当主となることに反対
・虎杖を餌に伏黒殺害を目論む
・脹相の赤血操術の元に敗北
・毒に苦しみ乙骨の治療を受ける

▼前回の146話のまとめはこちら

 

新キャラ「髙羽史彦」の術式とは?

七海と同じ十劃呪法?

呪術廻戦146話髙羽史彦

引用元:週刊少年ジャンプ2021年20号

本当は七三くらいが……」という言葉と共に、死滅回游の泳者プレイヤーであることが明らかになった髙羽史彦。
「七三」という言葉は、七海建人の術式である十劃呪法に関連していると思われるため、髙羽に覚醒した術式は十劃呪法の可能性が高いです。

一方で、「五分だ五分だと言うけれど…本当は七三くらいが……」という言葉の元ネタは、『笑う犬の冒険』という番組で原田泰造が演じたセンターマンのセリフ。
ただケンドーコバヤシや和牛の川西といった芸人を登場させるついでに、ミスリートとしてセリフを引用しただけかもしれません。

十劃呪法の特徴
強制的に弱点を作り出す術式。
相手の長さを10で線分し、7:3の分割点を弱点と化す。
ここに当てた攻撃は、全てクリティカルヒットとなる。
髙羽は元々術式を所持していた?

呪術廻戦136話マーキング対象

引用元:週刊少年ジャンプ2021年8号

偽夏油(=羂索けんじゃく)は、以下の2種類の非術師にマーキングをしました。

  • 虎杖のように呪物を取り込ませた者
  • 順平のように術式を所持しているものの、脳の構造が非術師の者

羂索の「無為転変」によって前者は「器としての強度」を、後者は「術式を発揮する仕様」を手に入れることに。
十劃呪法は術式としては強力なものの接近戦になりやすく、七海ほどの身体能力を持っていないと扱いづらいと思われるため、千年前の術師が所持していたであろう術式ほど有用ではないでしょう。
146話で登場した髙羽史彦の術式が十劃呪法であった場合、後者の元々術式を所持していた非術師と思われます。

 

147話の展開予想

禪院真希の動き・役割について

禪院家に呪具の回収へ向かう

呪術廻戦146話禪院真希

引用元:週刊少年ジャンプ2021年20号

五条が封印されて間もなく、高専忌庫の呪具は加茂家・禪院家によって持ち出されてしまいます。しかし、伏黒が禪院家の当主となったこともあり、真希が禪院家の忌庫に呪具の回収に向かうことに。
一方で、禪院家には真希の従兄の直哉や父親の扇などがいるため、来週以降での登場が期待できます。

組屋鞣造の工房アトリエへ向かう?

呪術廻戦6巻52話呪具

引用元:『呪術廻戦』6巻52話

146話において真希に話しかけられた天元は、呪詛師・組屋鞣造の工房アトリエに言及します。
組屋鞣造は呪詛師・重面春太が使用していた呪具の作製者工房アトリエに存在するであろう呪具などの回収に向かうのかもしれません。

パンダとの合流は実現する?

上記の用事を済ませたあとは、パンダを捜して死滅回游の平定に協力する予定の真希。
しかし、傀儡呪術でパンダを作り出した夜蛾正道が死罪認定を受けている状態であるため、パンダは人間に快く協力することを避ける可能性も
死滅回游における「術式の剥奪」というデメリットを受けないであろうパンダが味方をしてくれない場合、呪術師側は人手不足になるかもしれません。

 

秤金次の実力・術式とは?

正体は停学中の3年生

呪術廻戦146話秤

引用元:週刊少年ジャンプ2021年20号

秤金次は、現在停学中の3年生。
2017年12月24日に呪詛師・夏油傑が百鬼夜行を起こした際、新宿同様に千の呪いが放たれた京都に出向することに。
その際、保守派の人と揉めてボコり停学となりました

実力は特級術師・乙骨並み?

呪術廻戦2巻11話秤

引用元:『呪術廻戦』2巻11話

秤に関して、五条は「特に三年秤、二年乙骨。彼らは僕に並ぶ術師になる」と言及しています。
また、乙骨は「ムラっ気があるけど、ノッてる時は僕より強いよ」と評価しており、特級術師の乙骨並みの実力を持つ可能性があります。

術式はギャンブル関連?

ファンブックでは秤についてギャンブラーと書かれています。
また漫道コバヤシにて、秤の術式は「コンプライアンス」に引っかかり、能力には苗字が関わっていると芥見先生によって言及されています。

ギャンブルのように運要素があるものか、天秤で命の重さを量るといったような術式を持つのでしょうか?

 

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

考察・解説記事一覧

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 -
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 -
18巻
152話 153話 154話 155話 156話

『呪術廻戦』アニメまとめ記事一覧

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話 -