漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【呪術廻戦】146話の展開予想・最新キャラ情報|五条の復活・解放の方法とは?

『呪術廻戦』の146話の展開を予想しています。
146話で登場・活躍すると思われるキャラなどもまとめているので、是非ご覧ください。

呪術廻戦146話展開予想アイキャッチ

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

 

145話終了時のキャラ情報

メインキャラ

キャラ名 目的・状況
虎杖悠仁 乙骨に刀で心臓を刺され一度死ぬも反転術式を受ける
・上層部からは死刑執行済みとの認識
・伏黒や真希、九十九らと合流
・薨星宮に向かい天元と会い話をする
脹相 虎杖が死刑となったことを知りキレる
・「超新星」を発動して禪院直哉に勝利
・乙骨に殴られ一時意識不明に
・虎杖達と共に天元との接触を図る
九十九と共に天元の護衛をすることに
乙骨憂太 ・虎杖悠仁の死刑執行役の演技をする
刀で虎杖の心臓を突き刺し一度殺す
・反転術式で虎杖・直哉を治療
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
伏黒恵 ・禪院直毘人の遺言状により禪院家の27代目当主に任命
・義姉の津美紀が死滅回遊に巻き込まれている
・虎杖や真希、九十九らと合流
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
禪院真希 ・漏瑚の攻撃を受け一時瀕死に
・反転術式の治療を受け生存するも火傷跡が残ることに
・虎杖達と共に天元との接触を果たす
九十九由基 ・上層部と関わるのを避け高専に潜伏
・虎杖達を率いて天元の元に向かう
・天元とは初対面ではない様子
脹相と共に天元の護衛をすることに
禪院直哉 ・伏黒が禪院家27代目当主となることに反対
・虎杖を餌に伏黒殺害を目論む
・脹相の赤血操術の元に敗北
・毒に苦しみ乙骨の治療を受ける

 

天使を名乗る「来栖華」の正体とは?

呪物を取り込んだ非術師?

呪術廻戦136話呪物

引用元:週刊少年ジャンプ2021年8号

偽夏油(=羂索けんじゃく)は、以下の2種類の非術師にマーキングをしました。

  • 虎杖のように呪物を取り込ませた者
  • 順平のように術式を所持しているものの、脳の構造が非術師の者

羂索の「無為転変」によって前者は「器としての強度」を、後者は「術式を発揮する仕様」を手に入れることに。
145話で言及された死滅回游の泳者プレイヤーであり「天使」を名乗る千年前の術師「来栖華」は、呪物を取り込んだ元非術師と思われます。
羂索が非術師に取り込ませた呪物は、千年前からコツコツ契約していた術師達の慣れの果て。来栖華は千年前の術師の術式を手に入れたのではないでしょうか?

千年前から生き延びている術師?

呪術廻戦145話天使

引用元:週刊少年ジャンプ2021年19号

死滅回游泳者プレイヤーの来栖華は、千年前から生き延びている非術師の可能性もなくはありませんただし、その場合は羂索が仕組んだ死滅回游に巻き込まれたか、自ら参加を希望したことになります。
「天使」を名乗っているほどの実力を持つのであれば、千年生きていることもありえなくはないですが、呪物を取り込んだ非術師と考えるのが自然でしょう。

菅原道真の子孫?

東京都立呪術高等専門学校菅原道真

引用元:『呪術廻戦』0巻最終話

来栖という名字のルーツには、菅原氏の関連があるという説も。『呪術廻戦』では菅原道真の子孫として五条悟、乙骨憂太が存在しますが、来栖華も同様に菅原道真の子孫に当たるのかもしれません。

 

146話の展開予想

五条復活の方法とは?

来栖華による解放は困難?

呪術廻戦145話来栖華

引用元:週刊少年ジャンプ2021年19号

死滅回游の泳者プレイヤーであり、「あらゆる術式を消滅させる」術式を持つ来栖華。しかし、天元から「千年前の術師がいる」と言及されていることからも、取り込んだ呪物に身体を乗っ取られてしまったと考えられます。
自ら「天使」を名乗っていることからも、羂索による「無為転変」を機に意識を失ってしまったのではないでしょうか?

身体を乗っ取られている場合、羂索と契約し呪物になっていた背景もあり、五条解放に協力するのではなく羂索の味方になると思われます。

呪具の行方・今後の登場は?

「黒縄」はもう出番がない?

呪術廻戦145話黒縄

引用元:週刊少年ジャンプ2021年19号

2017年12月24日に行われた「百鬼夜行」では、あらゆる術式効果を乱し相殺する「黒縄」を使い、ミゲルが五条の足止めをすることに。
その結果、「黒縄」は全て消えてしまったとのこと。また、乙骨がミゲルと共にアフリカで残りを探したものの「黒縄」は既に存在しないため、今後作中に登場することはないでしょう。

「天逆鉾」が封印を解く?

呪術廻戦145話天逆鉾

引用元:週刊少年ジャンプ2021年19号

かつて禪院甚爾が使用していた「天逆鉾」は、五条が破壊したか海外に封印されている状態に。
海外に封印されているのであれば、冥冥やミゲル、孔時雨などのキャラが「天逆鉾」を持って再登場するといった展開がありうるかもしれません。

また、「天逆鉾」は元々は三叉の呪具だったという説があります。実際に145話で描かれた「天逆鉾」は、剣先の一部が無くなったかのような跡が残っています。この消えた剣先を利用して五条を復活させるといった展開も起こりうるのではないでしょうか?

五条は五体満足で復活できる?

裏門からの解除にはデメリットあり?

呪術廻戦145話裏門

引用元:週刊少年ジャンプ2021年19号

天元が封印していた獄門疆「裏」を抉じ開けることで、五条の封印を解こうとする虎杖たち。
しかし、獄門疆を抉じ開ける・裏門から解放するといった方法では、何かしらのデメリットがある可能性も否定できません。
五条は何かしらデメリットを負って復活することになるのではないでしょうか?

六眼を片方失う?

五条の六眼

アニメ1期2クール目のOPでは、片目だけ存在する猫や、不自然に片目だけに光が当たる五条の顔が描かれています。
アニメOPでは、渋谷事変後の日本や死滅回遊魚といった今後の展開を示唆するような描写が含まれているため、五条に関しても何かしら意味があると思われます。
獄門疆から復活した五条は、何らかの理由で六眼を片方失ってしまうのではないでしょうか?

 

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

考察・解説記事一覧

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 -
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 -
18巻
152話 153話 154話 155話 156話

『呪術廻戦』アニメまとめ記事一覧

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話 -