漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【ワールドトリガー】204話「遠征選抜試験②」の感想・レビュー|各隊のメンバーまとめ【ワートリ】

こんにちは、シンドーです。
今回の記事では、12/4(金)に発売されたジャンプスクエア1月号に掲載された、「ワールドトリガー」の204話の感想・レビューを書いています。
遠征選抜試験における各隊のシャッフル・ドラフト結果をまとめており、ワートリの205話での展開予想も掲載しています。

目次

▼次号(205話)の感想はこちら

www.eiga-manga.com

ワールドトリガー204話のあらすじ

11人の「臨時隊長」の発表

204話では、まず忍田さんから11人の「臨時隊長」が発表されます。
選抜試験における各隊の臨時隊長に関しては以下になります。

  隊長名 所属隊名
1番隊 歌川 遼 風間隊
2番隊 王子 一彰 王子隊
3番隊 柿崎 国治 柿崎隊
4番隊 北添 尋 影浦隊
5番隊 来馬 辰也 鈴鳴第一(来馬隊)
6番隊 古寺 章平 三輪隊
7番隊 諏訪 洸太郎 諏訪隊
8番隊 二宮 匡貴 二宮隊
9番隊 水上 敏志 生駒隊
10番隊 村上 鋼 鈴鳴第一(来馬隊)
11番隊 若村 麓郎 香取隊

各隊のオペレーターの発表

11名のリーダーが発表されると、続いてあらかじめ指定された各隊のオペレーターも発表されます。

  オペレーター名 所属隊名
1番隊 志岐 小夜子 那須
2番隊 仁礼 光 影浦隊
3番隊 藤丸 のの 弓場隊
4番隊 染井 華 香取隊
5番隊 小佐野 瑠衣 諏訪隊
6番隊 六田 梨香 漆間隊
7番隊 宇井 真登華 柿崎隊
8番隊 加賀美 倫 荒船隊
9番隊 今 結花 鈴鳴第一(来馬隊)
10番隊 氷見 亜季 二宮隊
11番隊 細井 真織 生駒隊

残りの隊員の処遇について

名前を呼ばれなかった宇佐美 栞(玉狛第一・三雲隊)、橘高 羽矢(王子隊)、人見 摩子(東隊)の三人のオペレーターは、裏方として試験の運営補助にまわることとなりました。

隊長に指名された11人は忍田さんの前に並ぶことになりますが、隊長に選ばれた若村(ジャクソン)は「どういう基準で選ばれたんだ?」と心中で疑問に思っています。

隊長が前に出揃ったところで、チーム分けの概要が説明されることに。
会場にいる隊員は、11人ずつ3つのプールにあらかじめ分けられています。
A級部隊からは歌川・古寺の二人が隊長役として、菊地原・木虎の二人が隊員役として参加し、那須隊員は体調を考慮して不参加に。
チーム分けは、各隊長が順番に1人ずつ隊員を指名していく野球のドラフトのような形式。
ただし、元々のチームメイトはオペレーターも含めて同じ隊に入れられないという条件が存在しています。

各プールの隊員は以下のように分けられています。

第1プール
東 春秋
(東隊)
荒船 哲次
(荒船隊)
漆間 恒
(漆間隊)
隠岐 孝二
(生駒隊)
奥寺 常幸
(東隊)
影浦 雅人
(影浦隊)
新之助
(二宮隊)
堤 大地
(諏訪隊)
外岡 一斗
(弓場隊)
半崎 義人
(荒船隊)
穂刈 篤
(荒船隊)
-
第2プール
雨取 千佳
(三雲隊)
生駒 達人
(生駒隊)
樫尾 由多嘉
(王子隊)
菊地原 士郎
(風間隊)
空閑 遊真
(三雲隊)
熊谷 友子
那須隊)
小荒井 登
(東隊)
笹森 日佐人
(諏訪隊)
別役 太一
(来馬隊)
三浦 雄太
(香取隊)
三雲 修
(三雲隊)
-
第3プール
犬飼 澄晴
(二宮隊)
絵馬 ユズル
(影浦隊)
帯島 ユカリ
(弓場隊)
香取 葉子
(香取隊)
木虎 藍
(嵐山隊)
蔵内 和紀
(王子隊)
照屋 文香
(柿崎隊)
巴 虎太郎
(柿崎隊)
ヒュース
(三雲隊)
南沢 海
(生駒隊)
弓場 拓磨
(弓場隊)
-

指名の順番はプール毎にくじ引きで決めることに。

第1プールのチーム分けの流れ

第1プールでは、1番を引いた二宮が東さんを指名して諏訪や王子から非難を浴びますが、二宮をそれを無視。
二宮以降も各隊長が引いた順番ごとに隊員を選んでいきます。
選ばれなかった隊員が残っていき、それに該当する半崎はボヤきますが、穂刈は「漆間と狙撃手が売れ残るのは仕方ない」となだめます。
その理由は、戦闘試験が長丁場になる場合、バッグワームを使う人ほどトリオンを消費するため、隠れて動くタイプの人間は採りにくいということ。
結局半崎は最後まで残ってしまい、自動的に若村のチームに入ることに。

第2プールのチーム分けの流れ

もう一度くじを引き直し、第2プールへ。
1番目の歌川はチーム単位で考えて空閑を指名しますが、続く2番目の二宮は雨取を指名し、スナイパーを二人選んだことで会場をざわつかせます。
6番目の若村は修と組んでみたい気持ちはあるものの、修のことをよく知らないため、よく知っている笹森を指名することに。
10番目の諏訪は、残った太一と修の二択となりますが、既に隠岐を選んでおりスナイパーは二人もいらないとの考えから修を選択。
残った太一が柿崎のチームに入ることになり、第2プールの選択は終了します。

 

三雲隊は、第3プールのヒュースを除き入るチームが決定。
最後の第3プールの選択に入るところで次号に続くこととなりました。

ワートリ204話での各チームのまとめ

各プールでの隊長の指名順・メンバー詳細

第1プールの結果
指名順 隊長名 指名された隊員
1番手 二宮 匡貴 東 春秋
2番手 柿崎 国治 影浦 雅人
3番手 王子 一彰 新之助
4番手 水上 敏志 荒船 哲次
5番手 村上 鋼 堤 大地
6番手 古寺 章平 奥寺 常幸
7番手 来馬 辰也 穂刈 篤
8番手 諏訪 洸太郎 隠岐 孝二
9番手 歌川 遼 漆間 恒
10番手 北添 尋 外岡 一斗
11番手 若村 麓郎 半崎 義人
第2プールの結果
指名順 隊長名 指名された隊員
1番手 歌川 遼 空閑 遊真
2番手 二宮 匡貴 雨取 千佳
3番手 王子 一彰 生駒 達人
4番手 北添 尋 菊地原 士郎
5番手 水上 敏志 樫尾 由多嘉
6番手 若村 麓郎 笹森 日佐人
7番手 古寺 章平 三浦 雄太
8番手 村上 鋼 熊谷 友子
9番手 来馬 辰也 小荒井 登
10番手 諏訪 洸太郎 三雲 修
11番手 柿崎 国治 別役 太一

204話時点の各チームごとのメンバー一覧

1番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 歌川 遼 風間隊 オールラウンダー
オペレーター 志岐 小夜子 那須 オペレーター
第1プール 漆間 恒(9) 漆間隊 ガンナー
第2プール 空閑 遊真(1) 三雲隊 アタッカー

第1プールでは9番手の選択で、バッグワームを使用して隠れて動くタイプの漆間を指名することに。
一方で第2プールでは、1番手の選択であったためアタッカーとして強力な空閑を指名します。
チームバランスを考えると、第3プールではスナイパーの千佳やガンナーの弓場・犬飼・虎太郎、シューターの蔵内などが有力となりそうです。

2番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 王子 一彰 王子隊 アタッカー
オペレーター 仁礼 光 影浦隊 オペレーター
第1プール 新之助(3) 二宮隊 アタッカー
第2プール 生駒 達人(3) 生駒隊 アタッカー

第1プール・第2プール共に3番手と早いタイミングでの指名となりました。
どちらの指名でも強力なアタッカーの隊員を選んでいるため、第3プールでは中〜長距離のポジションのメンバーを選ぶことになるかもしれません。

3番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 柿崎 国治 柿崎隊 オールラウンダー
オペレーター 藤丸 のの 弓場隊 オペレーター
第1プール 影浦 雅人(2) 影浦隊 アタッカー
第2プール 別役 太一(11) 来馬隊 スナイパー

第1プールでは2番手で影浦を選択。
一方で第2プールでは11番手となったため、残っていた太一を選択することに。
チームバランス的にはガンナー・シューターなどのポジションの隊員を選ぶことになりそうです。
影浦と太一の組み合わせに若干不安を覚えますが大丈夫でしょうか?

4番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 北添 尋 影浦隊 ガンナー
オペレーター 染井 華 香取隊 オペレーター
第1プール 外岡 一斗(10) 弓場隊 スナイパー
第2プール 菊地原 士郎(4) 風間隊 アタッカー

第1プールでは10番手で、残っていた外岡・太一のスナイパー二人から外岡を選びました。
第2プールでは4番手となり、A級隊員のアタッカーである菊地原を選択。
ゾエさんなら菊地原ともうまくコミュニケーションがとれそうです。

5番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 来馬 辰也 来馬隊 ガンナー
オペレーター 小佐野 瑠衣 諏訪隊 オペレーター
第1プール 穂刈 篤(7) 荒船隊 スナイパー
第2プール 小荒井 登(9) 東隊 アタッカー

第1・第2プール共に後半の指名順となり、各ポジションの中でも1番手の隊員を選ぶことはできず。
ただチームバランスとしては現状でも申し分ない状態です。

6番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 古寺 章平 三輪隊 スナイパー
オペレーター 六田 梨香 漆間隊 オペレーター
第1プール 奥寺 常幸(6) 東隊 アタッカー
第2プール 三浦 雄太(7) 香取隊 アタッカー

5番隊の来馬さん同様、第1・第2プール共に後半の指名順。
奥寺・三浦共に穏やかな性格をしている印象なので、オペレーターの六田に気を使ったという印象を受けました。

7番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 諏訪 洸太郎 諏訪隊 ガンナー
オペレーター 宇井 真登華 柿崎隊 オペレーター
第1プール 隠岐 孝二(8) 生駒隊 スナイパー
第2プール 三雲 修(10) 三雲隊 シューター

第1・第2プール共に最後の方での指名順となりました。
修はスナイパーは二人もいらないという消極的な理由で選ばれることに。
チームバランスを考えると、第3プールでは香取・木虎などのオールラウンダーを選ぶ可能性が高そうです。

8番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 二宮 匡貴 二宮隊 シューター
オペレーター 加賀美 倫 荒船隊 オペレーター
第1プール 東 春秋(1) 東隊 スナイパー
第2プール 雨取 千佳(2) 三雲隊 スナイパー

第1プールは1番手、第2プールでは2番手と共に序盤での指名順となりました。
スナイパーを二人選び、トリオン量優先の戦略を取った可能性が考えられます。
チームバランスを考えると、第3プールでは香取・木虎などのオールラウンダーを選ぶ可能性が高そうです。

9番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 水上 敏志 生駒隊 シューター
オペレーター 今 結花 来馬隊 オペレーター
第1プール 荒船 哲次(4) 荒船隊 スナイパー
第2プール 樫尾 由多嘉(5) 王子隊 アタッカー

第1プールは4番手、第2プールでは5番手と共に悪くない指名順。
スナイパー・アタッカーを選び現状でもチームバランスは問題なさそう。

10番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 村上 鋼 来馬隊 アタッカー
オペレーター 氷見 亜季 二宮隊 オペレーター
第1プール 堤 大地(5) 諏訪隊 ガンナー
第2プール 熊谷 友子(8) 那須 アタッカー

第1プールは5番手で、自身とは異なるポジションの堤を選択。
第2プールでは残っていたメンバーから優秀かつアタッカーの熊谷を選択したと思われます。
チームバランスを考えると、第3プールではスナイパーの千佳やガンナーの弓場・犬飼・虎太郎、シューターの蔵内などが有力となりそうです。

11番隊
  名前 所属部隊 ポジション
隊長 若村 麓郎 香取隊 ガンナー
オペレーター 細井 真織 生駒隊 オペレーター
第1プール 半崎 義人(11) 荒船隊 スナイパー
第2プール 笹森 日佐人(6) 諏訪隊 アタッカー

第1プールはまさかの11番手で、残っていた半崎を選ぶことに。
第2プールでは三浦が残っていたものの、元々のチームメイトであるため選択できず、残りの5人からよく知っている笹森を選択。
第3プールでは誰を選ぶのかが注目となりそうです。