漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【東京卍リベンジャーズ】225話のネタバレ感想・考察まとめ|三天戦争が始まる事態に 【東リベ】

10/6(水)発売の週刊少年マガジン2021年45号(10月20日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の225話「Free-for-all」の感想・考察をまとめています。
東リベ225話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

東京リベンジャーズ225話アイキャッチ

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

目次

▼東リベのまとめ記事一覧

25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -
26巻
225話 226話 227話 228話 229話

▼最新226話のネタバレ考察はこちら

東リベ224話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 下っ端たちをボコボコにするサウス
  • ドラケンは既に死亡していた
  • ドラケンの死により上の空のタケミチ
  • 武臣を始めブラフマンのメンバーが登場
  • 大至急ブラフマン全員を招集するように命じる
  • 武臣に反論する千咒
  • 現状はガキの喧嘩ではなく殺し合いへ
  • ブラフマンの前に六破羅単代が姿を現す
  • 最終決戦ハルマゲドンが勃発!?
  • ブラフマン&六破羅の元にマイキーも登場

▼前話224話の詳しいまとめはこちら

▼最新226話のネタバレ考察はこちら

東リベ224話終了時のキャラ情報

メインキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
東リベタケミチアイコン
花垣武道
・10年前(2008年)にタイムリープ中
・マイキーを救うため梵(ブラフマン)に加入
・千咒と共に遊園地を訪れる
・ドラケンが死亡し放心状態
東リベドラケンアイコン
龍宮寺堅
・イヌピーと共にバイク屋で働く
・タケミチが六破羅単代に狙われていると知る
・タケミチ・千咒を庇い銃で撃たれる
224話で死亡していることが確定
東リベ千咒アイコン
瓦城千咒
・梵(ブラフマン)の首領を務める
正体はタケミチと同い年の女子高校生
・タケミチを誘って遊園地に訪れる
・六破羅単代と対面することに
東リベ明司武臣アイコン
明司武臣
・梵(ブラフマン)のNO.2
・元初代黒龍の副総長であり”軍神”と呼ばれた
・瓦城千咒・三途春千夜と兄弟
ドラケンが死んだと聞きつけタケミチたちの元に現れる
東リベサウスアイコン
寺野サウス
・六破羅単代の総代を務める
・通称「”無双”のサウス」
・ドラケンを撃った下っ端をボコる
・六破羅単代を引き連れタケミチたちの前に現れる
東リベマイキーアイコン
佐野万次郎
・関東卍會の総長を務める
・通称「”無敵”のマイキー」
・関東卍會の特攻服を着て梵・六破羅の前に登場
現れたものの現状真意は不明

本誌225話のあらすじ・ネタバレ

三天時代の3チームが揃うことに

東京リベンジャーズ225話関東卍會登場

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

緊張高まるブラフマンと六破羅単代。
その前に関東卍會・総長のマイキーが姿を現します。
マイキーが関東卍會の面々を引き連れて登場したことで、三天時代を象徴する3チームが勢揃いしてしまいます。
千咒が現状に危機感を覚える一方で、「おもしれぇ」と口にするサウス。

三天戦争が勃発する

東京リベンジャーズ225話三天戦争勃発

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

突如現れたマイキーを見て「今…君は戦っちゃダメだ」とタケミチが思う一方で、武臣の「ドラケンの弔い合戦だ!!!」との合図を機に雄叫びを上げるブラフマンの面々。
サウス・春千夜が各々のチームを盛り上げ、遂に三つ巴の三天戦争が始まることに。
六破羅単代と戦うはずだったものの、関東卍會も現れたために「ドラケンを見捨てた分際ででしゃばんな、関東卍會トーマン!!!」と声を上げる武臣。
一方、千咒はブラフマンの面々を収めようとするも失敗に終わります。

様子を見ることにしたマイキー

東京リベンジャーズ225話様子見

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

目の前で三天戦争が始まったにも関わらず、未だ呆然としているタケミチ。
そんな中、マイキーは「様子を見んぞ…ココ」と言い、しばらくは動かずに春千夜たちにこの場を任せます。
そんなマイキーに対し、思わず「オマエ…なんとも思わねぇのか?」と尋ねるココ。
タケミチは、ココの問いに「……何を?」と答えるマイキーを目の当たりにすることに。

元天竺組が関東卍會を抑えることに

東京リベンジャーズ225話サウスの指示

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

三天戦争が始まり様子を見守っていたサウスは、元天竺組に関東卍會を抑えるよう指示
No.2を務める明司武臣がめずらしく熱くなっているため、まずはブラフマンを先に潰すと決めます。
サウスが笑っているのを見て、六破羅単代の下っ端たちを殴りながらも「何笑ってやがる!!!」と怒りを見せる明司武臣。

千咒をタケミチに任せるワカ

東京リベンジャーズ225話ウチの姫

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

激昂している武臣に落ち着くよう声をかける千咒ですが、ワカに制止されることに。
「この戦争は異常だ。まだ死人が出る」と千咒に動かないように言うワカ。
それだけ龍宮寺堅という男の死はでかいって事だ」と続けるワカに目を向ける千咒・タケミチの二人。
ワカは「ウチの姫をたのむワ」と言い残すと、ベンケイと共に三天戦争の渦中へと向かいます。
ワカに千咒を頼まれたものの反応を示さないタケミチを、無言で見ていたベンケイ。

サウスVS初代黒龍ブラックドラゴンの戦いへ

東京リベンジャーズ225話初代黒龍

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

下っ端たちを殴りつつサウスの元に向かった武臣は、遂に動きを止められてしまいます。
身動きを封じられながらも、「なぜドラケンを殺した!!?」「アイツは正規のブラフマンメンバーじゃねぇんだぞ!!」と声を荒げる武臣。
サウスは武臣の言葉に「それが戦争だ」と答え殴りかかりますが、武臣の前に現れたベンケイによって防がれることに。
続けてベンケイの背後から現れたワカの蹴りを後頭部に受け、逆にフラつくサウス。
「テメェの相手はオレらだ」と言うワカ・ベンケイ・武臣の3人を前にし、「情熱的だなコーンパッショーネ!!! 初代黒龍ブラックドラゴン!!」と口にするサウス。
暴君VS伝説が始まることに

東リベ225話の内容まとめ

本誌225話の内容一覧

  • 三天時代を象徴する3チームが勢揃いする
  • 三つ巴の三天戦争が始まることに
  • 様子を見ることにしたマイキー
  • 元天竺組に関東卍會を任せるサウス
  • まずはブラフマンを先に潰すことに
  • ワカは千咒をタケミチに任せる
  • ドラケンは正規のブラフマンメンバーではなかった
  • サウスVS初代黒龍ブラックドラゴンの戦いが始まる

▼次話226話のネタバレ考察はこちら

本誌224話の感想・考察まとめ

タイトルの「Free-for-all」の意味は?

1.〔参加自由でルールのない〕論争、競争
2.〔収拾できない〕混乱状態、乱闘
引用元:free-for-allの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB

225話のサブタイトル「Free-for-all」の意味は上記の通り。
三天時代を象徴する3チームが勢揃いし、遂に始まってしまった三天戦争を指して「(収拾できない)混乱状態・乱闘」との意味を持つ言葉をサブタイトルにしたと思われます。

明司武臣の言動について

「ドラケンを見捨てた」の真意とは?

東リベ225話ドラケンを見捨てた

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

ドラケンを見捨てた分際ででしゃばんな、関東卍會トーマン!!!」と関東卍會に対し声を荒げた武臣。
ドラケンを殺した六破羅単代に怒りを向けていることから、三天戦争勃発により敵が増えたことで関東卍會に「でしゃばんな」と言うのは自然でしょう。
しかし、関東卍會に対する「ドラケンを見捨てた」という発言には違和感があります。
六破羅単代の下っ端に本来狙われていたのはタケミチだったことから、ドラケンが死亡したのが想定外だったのかもしれません。

ここまで激昂している理由とは?

東リベ215話ブラフマンの目的

引用元:『東京卍リベンジャーズ』24巻215話

サウスが「明司がめずらしく熱くなってやがる」と言及するほど激昂している武臣。
ここまで怒りを見せている理由は現状不明ですが、ドラケンは正規のブラフマンメンバーではなかったために過剰反応しているだけで、単に仲間思いな性格なのかもしれません。
一方で、マイキーを説得するためにどうしても仲間に欲しかったドラケンをやられたため、マイキー説得の計画が崩れたために激昂していると考えることもできそうです。

まとめると…
可能性1 武臣は関東卍會と協力して六破羅単代にタケミチを襲わせた?
→目的はタケミチではなく千咒の可能性も?
→武臣は春千夜と繋がっている?
可能性2 武臣の目的はマイキーを担ぎ上げること?
→千咒を排除するために春千夜と組んだ?
可能性3 ドラケンはマイキー説得のための材料?
→ドラケンを殺され六破羅単代にキレている?

マイキーの考えていることとは?

東リベ225話何を?

引用元:週刊少年マガジン2021年45号

ココに「オマエ…なんとも思わねぇのか?」と問われ、「……何を?」と返答したマイキー。
ドラケンの死を知ってブラフマン・六破羅単代の元に現れたと思われましたが、225話の描写を見る限りではドラケンの死に関しては何とも思っていないのかもしれません。

三天戦争を仕組んだ犯人を探すつもり?

三天戦争が始まったにも関わらず、なぜか様子を見ることを選択したマイキー。
ドラケンの死を何とも思っていないように見せていますが、本心ではドラケンの死の真相を探るため、三天戦争勃発を引き起こした犯人を探そうとしているのかもしれません。
今後の話では、実は武臣・春千夜が繋がっていたなど、チームの垣根を超えて内通していた人物が明らかになるのではないでしょうか?

東リベ225話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年マガジン2021年45号発売前に掲載した225話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

三天戦争勃発へ?

週刊少年マガジン2021年44号の次回予告では、「ドラケンの悲劇が三天戦争を呼び起こす!! 武道とマイキーは何を想う!?」との記載があります。
このことから本来は7月14日に勃発予定だった三天戦争が、224話の流れのまま7月7日に起こるのではないでしょうか?

▼三天戦争の経緯・結末予想はこちら

関東卍會はこれから集結する?

ブラフマン・六破羅単代のメンバーがほぼ集結している一方、関東卍會は総長のマイキーのみが登場した224話。
このままではブラフマン・六破羅単代に有利過ぎるため、一度各チームが引いて予定通りに7月14日に三天戦争勃発という流れもありうるでしょう。
一方で、マイキーが本領を発揮しサウスなどを一撃で沈めるといった展開も考えられます。

タケミチ・マイキーが接触する?

東リベ207話マイキー

引用元:『東京卍リベンジャーズ』24巻207話

10年前(2008年)にタイムリープしてから初めて出会ったタケミチ・マイキーの二人。
「武道とマイキーは何を想う!?」」との記載から、この場でタケミチ・マイキーが会話をするという可能性も低くはありません。
また、207話のマイキーはタケミチがタイムリープしたことを察した様子を見せており、何か秘密を隠している可能性も。

千咒の死は本当に回避している?

東リベ219話血を流す千咒

引用元:週刊少年マガジン2021年39号

216話・219話とタケミチが見た千咒が死亡とするというビジョン。
銃で狙われたタケミチたちですが、ドラケンが介入したことで千咒の死を免れたように思えます。
しかしタケミチが見た未来視では、千咒は頭から血を流して倒れており、銃で撃たれたようには見えません
これから抗争が勃発する場合、狙われたタケミチを庇って千咒が死ぬという展開が考えられます。

下っ端たちに銃を渡した人物とは?

東リベ224話明石武臣登場

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

ドラケンの死を聞きつけ、タケミチ・千咒の元にやって来た武臣。
千咒が連絡をした可能性も考えられますが、現状武臣がドラケンの死を知った経緯は不明。
六破羅単代の下っ端にタケミチを殺すように仕向けた真犯人は明司武臣と考えることもできそうです。

目的はマイキーを担ぎ上げること?

東リベ215話明石武臣の目的

引用元:『東京卍リベンジャーズ』24巻215話

未来(2018年)では日本最大の犯罪組織「梵天」が存在しましたが、この組織の相談役を務めていたのが明石武臣。
マイキーが悪い大人になるのを防ぐ関東卍會を潰すことを目的としていたにも関わらず、マイキーが首領を務める梵天に所属していたことから、明司武臣の真の目的とはマイキーをトップに据えた組織を作り出すことなのかもしれません。

▼梵天が誕生した経緯とは?

東リベ公式からの新情報まとめ

225話は巻頭カラーでの掲載

週刊少年マガジン2021年45号では、『東京卍リベンジャーズ』が巻頭カラーで掲載されることに。
巻頭カラーで掲載されるのは7月7日発売の2021年32号以来であり、約3ヶ月振りとなります。

巻頭カラーで描かれるのはブラフマン

公式Twitterで公開されたカラーイラストは、巻頭カラーで掲載されるイラストの可能性が高いです。
巻頭カラーではセーラー服を着た瓦城千咒の他、5人の男性が描かれているのが特徴。
ブラフマンのメンバーが描かれるのかもしれません。

ブラフマンのメンバーまとめ
  キャラ名 詳細
首領 瓦城 千咒 明司武臣・三途春千夜と三兄妹であり、一番下の妹。
No.2 明司 武臣 初代黒龍 副総長(”軍神”)
大幹部 荒師 慶三 元黒龍 親衛隊 隊長
大幹部 今牛 若狭 元黒龍 特攻隊 隊長
- 龍宮寺 堅 元東京卍會 副総長
- 花垣 武道 元東京卍會 壱番隊隊長

227話ではサウスがメインに?

9/30に公式Twitterで公開されたネームでは、サウスのドアップの場面が存在するようです。
Twitterで公開された画像・ネームなどは約3週間後の話で使用されるため、10/20発売のマガジンに掲載される227話では、サウス・六破羅単代がメインとなると思われます。

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -
26巻
225話 226話 227話 228話 229話

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。