漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【東京卍リベンジャーズ】224話のネタバレ感想・考察まとめ|最終戦争(ハルマゲドン)勃発へ? 【東リベ】

9/29(水)発売の週刊少年マガジン2021年44号(10月13日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の224話「Cutthroat」の感想・考察をまとめています。
東リベ224話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

東京リベンジャーズ224話アイキャッチ

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

目次

▼東リベのまとめ記事一覧

25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -
26巻
225話 226話 227話 228話 229話

東リベ223話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • ドラケンが救急車で運ばれる
  • 「初日の出暴走」がドラケンの脳裏に浮かぶ
  • 初日の出を見に九十九里に向かう面々
  • ”無敵”のマイキーに言及する一同
  • 寒さをしのぐため砂浜を走り出すドラケン達
  • 一人岬の先に立つマイキー
  • マイキーが初日の出に手をかざす
  • ドラケンの脳裏に浮かぶ東卍メンバーたち
  • エマに手を引かれるドラケン

▼前話223話の詳しいまとめはこちら

次週は巻頭カラーでの掲載!

次号の週刊少年マガジン2021年45号では、『東京卍リベンジャーズ』が巻頭カラーで掲載されることに。
25巻収録の最初の話と思われる225話は、東リベのストーリーでも重要な話となる可能性が高いです。

巻頭カラーで描かれるのはブラフマン

公式Twitterでアップされたカラーイラストですが、巻頭カラーで掲載されるイラストの可能性が高いです。
巻頭カラーではセーラー服を着た瓦城千咒の他、5人の男性が描かれているのが特徴。
ブラフマンのメンバーたちが描かれているのかもしれません。

本誌224話のあらすじ・ネタバレ

六破羅単代のアジトの様子

東京リベンジャーズ224話六破羅単代アジト

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

224話は六破羅単代のアジトからスタート。
ドラケンを撃ったと聞き、「余計な事しやがって!!」と下っ端たちをボコボコにする寺野サウス
返り血を浴びながら「やってくれたな」と口にします。
サウスが下っ端を痛めつけている様子を眺めている鶴蝶カクチョーを始めとした幹部たち。

ドラケンの死により上の空のタケミチ

東京リベンジャーズ224話ドラケンの死

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

場面は代わり、雨の中立ち尽くすタケミチ。
救急隊員に「助かりますよね!?」とドラケンについて尋ねるタケミチでしたが、救急車に乗せられたドラケンは既に亡くなっていました
千咒はタケミチに話しかけるも、ドラケンの死により上の空のタケミチはまともに会話ができない状態。
「これからどうする?」と千咒が尋ねても、呆然としてしまっています。

武臣を始めブラフマンのメンバーが登場

東京リベンジャーズ224話明司武臣の宣言

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

タケミチ・千咒が雨の中立ち尽くしていると、その場にブラフマンのNo.2「明司武臣」が登場。
ドラケンの死を聞きつけ現れた武臣は怒りを見せ、「六破羅単代今から潰すぞ」と宣言。
大幹部の「荒師慶三」(通称ベンケイ)に対し、大至急ブラフマン全員を招集するように命じます

千咒・武臣の言い争いの行方とは?

東京リベンジャーズ224話千咒の制止

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

武臣に「正気かオマエ!!? 今日はダメだ!!」と言う千咒ですが、「じゃあいつならいい!!?」と反論されることに。
今日ではないと反対する千咒ですが、武臣は「ドラケン殺られてんだぞ!!?」と言うと、現状が「”誰が一番強ぇか”みたいなガキの喧嘩」ではなく「殺し合い」であると強調します。
武臣の言葉に「そんなのジブンの望んでるカタチじゃねぇ」と食い下がる千咒に、「それをぶち壊したのは”六破羅単代ロクハラ”だ」と言う武臣。
二人は言い合いを続けている一方で、タケミチは依然上の空の状態。

ブラフマンの前に六破羅単代が登場

東京リベンジャーズ224話サウス登場

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

千咒・武臣が言い合いをしていると、その場に六破羅単代を引き連れてサウスが登場。
「ドラケンの”鎮魂歌レクイエム”」に出向いて来たと言うサウスに怒りを見せる武臣。
一方の千咒は冷や汗を流し、焦っているように見えます。
はじめようぜ、最終決戦ハルマゲドン」とのサウスの言葉に、武臣は受けて立とうとします。

ブラフマン&六破羅の元にマイキーも乱入?

東京リベンジャーズ224話マイキー登場

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

ブラフマンと六破羅単代がぶつかる直前、バイクの特徴的な排気音が響き渡ります。
ブラフマン&六破羅の前に現れたのは、関東卍會の特攻服を着たマイキーでした。
三天時代の3チームが集結し一触即発の雰囲気を見せる中、「…マイキー君」と口にするタケミチ。

東リベ224話の内容まとめ

本誌224話の内容一覧

  • 下っ端たちをボコボコにするサウス
  • ドラケンは既に死亡していた
  • ドラケンの死により上の空のタケミチ
  • 武臣を始めブラフマンのメンバーが登場
  • 大至急ブラフマン全員を招集するように命じる
  • 武臣に反論する千咒
  • 現状はガキの喧嘩ではなく殺し合いへ
  • ブラフマンの前に六破羅単代が姿を現す
  • 最終決戦ハルマゲドンが勃発!?
  • ブラフマン&六破羅の元にマイキーも登場

▼次話225話のネタバレ考察はこちら

本誌224話の感想・考察まとめ

サブタイトル「Cutthroat」の意味は?

224話のサブタイトル「Cutthroat」は、「人殺し・非情な人」といった意味を持ちます。
ドラケンが死亡したことから、ドラケンを撃った下っ端たちのことを「人殺し」と言及しているのかもしれません。
また、ドラケンが死亡したにも関わらず最終決戦ハルマゲドンを始めようとしている明司武臣・寺野サウスを「非情な人」と示している可能性も考えられます。

「Cutthroat」の別の意味は?
1.残酷な、殺人の、殺意がある
2.〔競争などが〕過酷な、熾烈な
3.〔スポーツやトランプで〕三つ巴の◆通例、3人のプレイヤーがそれぞれ独立に戦っている状態。
引用元:cut-throatの意味・使い方|英辞郎 on the WEB

「Cutthroat」の形容詞には「三つ巴」という意味が存在します。
マイキー・千咒・サウスといった三天時代を象徴する各チームのリーダーが勢揃いしている現状から、三つ巴という意味の「Cutthroat」をサブタイトルとしているのかもしれません。
一方、ドラケンの死を知ったマイキーに「殺意がある」という意味で捉えることもできそうです。

三天戦争の代わりに最終決戦ハルマゲドンが勃発?

ドラケンが殺されいきり立っているブラフマンと、サウス率いる六破羅単代がぶつかろうとしている224話。
このまま抗争が始まるかと思いきや、関東卍會の総長を務めるマイキーも登場。
7月14日に起きるはずだった三天戦争の代わりに、これから最終決戦ハルマゲドンが勃発する可能性も考えられます。

▼三天戦争の経緯予想はこちら

マイキーがこの場を収める?

東リベ207話関東卍會マイキー

引用元:『東京卍リベンジャーズ』24巻207話

この場でぶつかるかと思われたブラフマン・六破羅単代ですが、突如現れたマイキーがこの場を収め、抗争は7月14日の三天戦争まで先延ばしになるという展開もありえなくはないでしょう。
一方、タケミチがタイムリープをしたことに感づいた様子を見せていたマイキーは、この機会にタケミチと接触を図ろうとするかもしれません。

武臣がドラケンの死を知った経緯は?

東リベ224話明司武臣登場

引用元:週刊少年マガジン2021年44号

ドラケンの死を聞きつけ、タケミチ・千咒の元にやって来た武臣。
千咒が連絡をした可能性も考えられますが、現状武臣がドラケンの死を知った経緯は不明。
六破羅単代の下っ端にタケミチを殺すように仕向けた真犯人は武臣と考えることもできそうです。

千咒の死はまだ免れていない?

タケミチ・千咒が224話時点でどこにいるのかは不明ですが、引き続き遊園地にいる場合、これから抗争に巻き込まれて千咒が死ぬという可能性も考えられます。
もしタケミチの見たビジョンがこれから現実に起こるのであれば、千咒は抗争中に狙われたタケミチを庇うことになるのでしょう。

ドラケンの死は無駄になる?

東リベ221話未来

引用元:週刊少年マガジン2021年41号

ドラケンの介入により千咒の死を防ぐことができたと考えていたタケミチですが、これから未来視の出来事が起きるのであれば、ドラケンの死は無駄になってしまうでしょう。
そうであるなら、ドラケンの死をなかったことにするため、タケミチが再度タイムリープをする展開が期待できます

▼最新225話のネタバレ考察はこちら

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -
26巻
225話 226話 227話 228話 229話

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。