漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【東京卍リベンジャーズ】83抗争の発端・経緯とは?|結果・結末まとめ【東リベ】

『東京卍リベンジャーズ』の83抗争についてまとめています。
発端・経緯から結果・結末まで掲載しているので、東リベの83抗争に知りたい方は是非ご覧ください。

東京リベンジャーズ22話8・3抗争開始

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻22話

目次

▼東リベのまとめ記事一覧

25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -

83抗争とは?

東京卍會と愛美愛主メビウスの抗争

八三抗争とは、2005年8月3日に東京卍會・愛美愛主メビウスの間で起こった抗争のことを指します。
本来の未来では、この抗争によってドラケンが死亡していましたが、タイムリープしたタケミチの介入によってドラケンは生存するという結果に。

83抗争は何巻・何話の出来事?

83抗争は、タケミチが12年前にタイムリープした2巻9話からスタート。
ミッションを成功させ現代へと戻るのは、4巻30話となっています。
ただし、83抗争の一連の流れを読む場合は、2巻7話〜4巻33話まで読むことをおすすめします。

各話ごとの説明まとめ
該当話 内容
2巻7話 〜 2巻9話 計3話
2017年の現代の様子
2巻9話 〜 4巻30話 計22話
8・3抗争編
4巻30話 〜 5巻36話 計6話
8・3抗争後の現代の様子
5巻からは新章が開始

5巻では、タケミチが命を救ったはずのドラケンが、未来では死刑囚となっていると判明
また、ヒナタが殺される要因が稀咲にあると発覚し、新章「血のハロウィン」へと移行します。

▼血のハロウィンの経緯・結末はこちら

83抗争勃発までの経緯

パーちんの親友が発端

東リベ11話パーの親友

引用元:『東京卍リベンジャーズ』2巻11話

83抗争は、東京卍會参番隊隊長のパーちん(林田春樹)の親友が、愛美愛主メビウスの総長の長内信高とモメたことが発端。
パーの親友が愛美愛主メビウスのメンバーに袋叩きにされ、目の前で彼女をレイプ・親兄弟を吊るされる・金を巻き上げられることになり、藁にもすがる思いでパーに相談したとのこと。

パーの親友の彼女は大怪我を負う

東京リベンジャーズ12話パーの親友の彼女

引用元:『東京卍リベンジャーズ』2巻12話

パーの親友の彼女は、愛美愛主メビウスのメンバーに襲われ以下の重傷を負うことに。

  • 頭を7針縫う
  • 歯が折れる
  • 左目の網膜剥離
  • 体中の打撲
  • 肋骨の骨折
  • 5日間意識が戻らない
ただし仕組んだのは稀咲

東京リベンジャーズ205話パーちん

引用元:『東京卍リベンジャーズ』23巻205話

愛美愛主メビウスとモメたパーちんの親友ですが、6巻47話にてこれを仕組んだのは稀咲と判明。
東京卍會と愛美愛主メビウスの抗争の火種を作るため、パーちんを追い詰めたようです。

▼稀咲の思惑の詳細はこちら

マイキーが愛美愛主メビウスを潰すと宣言

東京リベンジャーズ11話武蔵祭り

引用元:『東京卍リベンジャーズ』2巻11話
東卍こんなかにパーの親友ダチやられてんのに、迷惑って思ってる奴いる!?」
「パーの親友ダチやられてんのに”愛美愛主メビウス”に日和ってる奴いる?」
「いねえよなぁ!!?」

東卍のメンバーに向かって上記のように問いかけるマイキー。
「”愛美愛主メビウス”潰すゾ!!!」と宣言し、2005年8月3日の武蔵祭りが愛美愛主メビウスとの決戦「83抗争」となります。

愛美愛主(メビウス)との衝突

マイキーたちの前にメビウスが登場

東リベ14話メビウス

引用元:『東京卍リベンジャーズ』2巻14話

マイキー・ドラケン・パーちん・ぺーやんが話しているところに現れたタケミチ。
愛美愛主メビウスとの抗争を止めるように提言しますが、マイキーに断られてしまいます。
また、内輪揉めしているその場に愛美愛主メビウスのメンバーを引き連れ、長内が登場することに。

長内をマイキーが一撃で倒す

東京リベンジャーズ15話マイキーの蹴り

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻15話

突如現れた長内に殴りかかるパーちんですが、2歳上の長内には敵わず圧倒されてしまうことに。
マイキーはパーちんの代わりに長内の前に立つと、蹴り一発で長内を地面へと叩きつけます
激昂した長内は、瓶を割りマイキーへと突き刺そうとしますが、ドラケンに気絶させられてしまいます。

パーちんが長内を刺してしまう

東リベ16話パーちん

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻16話

長内が倒され、愛美愛主メビウスは東京卍會の傘下に。
警察が来たため一同が逃げようとする中、パーちんが長内をナイフで刺してしまいます。
その場に残り自首をしたパーちんは、1年以上少年院から出てこれないという結果に

ドラケンとマイキーが仲違いする

東京リベンジャーズ18話タケミチ

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻18話

ケガをしたタケミチが絶対安静で過ごしていた中、マイキー・ドラケンの二人は衝突していました。
パーちんを無罪にするために金で助けようとしたマイキーの一方で、パーちんが自首した覚悟を大事にしたドラケン。
最終的には、タケミチが仲裁し二人は仲直りすることに

マイキーは稀咲に接触されていた

東リベ47話マイキー

引用元:『東京卍リベンジャーズ』6巻47話

当時のマイキーは「パーちんを無罪にできる」と稀咲からの接触を受けていたと判明。
その結果、83抗争を乗り切ったあとのタイムリープ時には、稀咲がパーちんの代わりに参番隊隊長に任命されることに

83抗争で起きたこと

ぺーやんがドラケンを襲う

東リベ21話ぺーやん

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻21話

タケミチがタイムリープをする前の9話では、「”マイキー派”と”ドラケン派”による内部抗争」によってドラケンが死亡したと言われていました。
しかし、タケミチの介入によってマイキー・ドラケンの二人は仲直りすることに。
内部抗争は起きなくなったかと思われましたが、ぺーやんは東卍がパーちんを見捨てたと思い込み愛美愛主メビウスの残党とつるみ”ドラケン狩り”を強行します。

陰で稀咲がぺーやんを唆していた

東リベ205話ぺーやん

引用元:『東京卍リベンジャーズ』23巻205話

パーちんが自首した覚悟を尊重したドラケンでしたが、ぺーやんは「ドラケンはパーちんを見放した」と稀咲に唆されてしまいます。
パーちんは俺の”全部”なんだよ」と言うペーやんは、パーちんが捕まったにもかかわらず、マイキーとドラケンが和解したことに納得がいかなかったとのこと。

東卍VSメビウスの83抗争が勃発

東リベ22話83抗争開始直前

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻22話

タケミチ・三ツ谷の二人が、ぺーやん・愛美愛主メビウスの残党とドラケンが戦っているところに向かうと、続けてマイキーが登場。
その場には、パーちんに刺された長内の代わりに愛美愛主メビウスの”仮”総長を務める「半間修二」も姿を現します。
長内を倒したマイキーの蹴りを防ぐ実力を持つ半間だけでなく、愛美愛主メビウス総勢100人と戦うことになったタケミチたち。
ピンチに陥ったかと思いきや、東京卍會の残りの隊長たちがメンバーを引き連れて登場し、東卍VS愛美愛主メビウスの「8・3抗争」が勃発します。

東京卍會の主要メンバーまとめ
役職 キャラ名
総長 佐野 万次郎
副総長 龍宮寺 堅
壱番隊 隊長 場地 圭介
弐番隊 隊長 三ツ谷 隆
参番隊 隊長 林田 春樹(パーちん)
参番隊 副隊長 林 良平(ぺーやん)
肆番隊 隊長 河田 ナホヤ(スマイリー)
伍番隊 隊長 武藤 泰宏(ムーチョ)

ドラケンがキヨマサに刺されてしまう

東リベ23話ドラケン刺される

引用元:『東京卍リベンジャーズ』3巻23話

83抗争が始まり、キヨマサに殺されるのを防ごうとドラケンを探すタケミチ。
抗争が激化する中、タケミチはキヨマサを発見することに成功しますが、既にドラケンはキヨマサに刺された後でした。
マイキーの指示を受け、タケミチはドラケンを背負ってその場から移動します。

タケミチがキヨマサたちと戦う

東リベ26話キヨマサに勝利

引用元:『東京卍リベンジャーズ』4巻26話

ドラケンを病院まで運ぼうとするタケミチですが、そこにキヨマサたちが現れます。
喧嘩賭博のタイマンの話を持ち出したタケミチは、左手を刺されてしまうもキヨマサになんとか勝利を収めることに。

溝中五人衆が登場する

東リベ27話溝中五人衆

引用元:『東京卍リベンジャーズ』4巻27話

造反した東卍メンバーを前に絶体絶命に陥るタケミチ・ドラケンの二人ですが、そこにアッくんたち溝中五人衆の四人が登場。
救急車が来るまでの時間を稼ぐことに成功し、ドラケンは救急車で運ばれていきます。

83抗争の結果・結末とは?

ドラケンの命を救うことに成功

東リベ29話ドラケン

引用元:『東京卍リベンジャーズ』4巻29話

搬送中に一時心肺停止に陥ったドラケンですが、手術が成功し一命をとりとめます。
「ドラケンを守る」というミッションを達成したタケミチは、東卍の恩人としてみんなに認められることに。

芭流覇羅バルハラとの抗争へ

東リベ27話芭流覇羅

引用元:『東京卍リベンジャーズ』4巻27話

東卍・愛美愛主メビウスのメンバーの多くが倒れ伏す中、マイキーVS半間の戦いは決着することなく83抗争は終了。
半間は、自らが関東最強の暴走族連合「芭流覇羅バルハラ」の初代副総長・・・だと明かすと、東卍との再度の抗争を示唆してその場を後にします。

▼芭流覇羅のメンバー・詳細はこちら

現代に戻り大人のヒナタと再会する

東リベ31話ヒナタとの再会

引用元:『東京卍リベンジャーズ』4巻31話

直人と握手をして現代に戻ったタケミチ。
スマホのスケジュール通知に従い美容院に向かうと、そこには美容師になったアッくんの姿が。
また、直人から連絡を受けたタケミチは、現代でヒナとの再会を果たします

83抗争の一連の流れのまとめ

タケミチ視点の83抗争の流れ

時系列 出来事
- 2巻7話 〜 8話
東卍の幹部になった千堂敦(アッくん)の下へ。
アッくんが飛び降り死亡する
2005年
7月19日
2巻9話
8月3日に死亡したドラケンを救うため、12年前へタイムリープする。
- 2巻11話
8月3日に愛美愛主との決戦が行われることに。
- 2巻13話
愛美愛主について調べるため、一時的に現代に戻る。
東卍で内部抗争が起こったと判明
- 2巻14話 〜 3巻16話
愛美愛主と衝突し、パーちんが長内を刺し逮捕される。
2005年
8月1日
3巻17話 〜 18話
タケミチが介入しマイキー・ドラケンを仲直りさせる。
2005年
8月3日
3巻19話 〜 4巻28話
8・3抗争勃発。
ドラケンの命を救うことに成功する。
2005年
8月10日
4巻29話 〜 4巻30話
ミッションを果たしたため現代へ戻る。
2017年
8月10日
4巻31話
大人になったヒナタと再会を果たす

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話 -

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。