漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【ONE PIECE】1017話「号令」の感想・考察まとめ|ゴムゴムの実の秘密とは?【ワンピース】

6/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2021年30号(7月12日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1017話「号令」の感想・考察をまとめています。
ワンピース1017話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

ONEPIECE1017話アイキャッチ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

目次

ONE PIECEのまとめ記事一覧
1001話 1002話 1003話 1004話 1005話
1006話 1007話 1008話 1009話 1010話
1011話 1012話 1013話 1014話 1015話
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話

 

ワンピース1016話のおさらい

前話の内容まとめ

  • 花の都ではトの康を弔う「火祭り」が行われていた
  • おトコと手を繋ぐ天狗山飛徹
  • CPサイファーポールが戦況を確認する
  • 戦力差が縮まり2万 VS 7000という状況に
  • ゼウスが”天候棒クリマ・タクト”となる
  • うるティの攻撃を受け倒れるウソップ
  • ゼウスが自ら攻撃をしてうるティが戦闘不能に
  • バオフォンのお札に話しかけるお玉
  • ルフィと一緒に海へ出る」と言うヤマト
  • カイドウは「ワノ国」の将軍になれとヤマトに命じる
  • カイドウVSヤマトの戦いが始まる

▼前回の1016話のまとめはこちら

ワンピースの掲載順まとめ

順位 話数 タイトル 年・号
2位 1008話 頭山盗賊団棟梁アシュラ童子 2021年17号
1位 1009話 奈落 2021年18号
3位 1010話 覇王色 2021年19号
1位 1011話 あんこの仁義 2021年21・22号
3位 1012話 うず 2021年23号
3位 1013話 Anarchy In The BM 2021年24号
2位 1014話 人生の大根役者 2021年26号
3位 1015話 2021年27号
3位 1016話 お玉でやんす!! 2021年28号
2位 1017話 号令 2021年30号

 

1017話のあらすじ・ネタバレ

各地で苦戦している状況が明らかに

ONEPIECE1017話ライブフロア

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

ドーム内「ライブフロア」にて、ステージ上に立つお玉に怒りを見せるクイーン。
お玉は恐怖のあまり気絶してしまいます。

城内4階では、ジンベエがフーズ・フーと対峙していましたが、カイドウ軍に囲まれ一対一サシで戦えず苦戦していました
同様に、ササキと戦うフランキーも部下に取り囲まれている様子。
ジャックを引き受けたイヌアラシも、カイドウ軍の部下達を前に血を流しています。

お玉がステージで号令をかける

ONEPIECE1017話ギフターズ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

ライブフロアでは、”笑う者達プレジャーズ”と”待つ者達ウェイターズ”が裏切ったと聞き、”ギフターズ”が裏切り者を始末しに現れます
一方、目を覚ましたお玉はステージ上からルフィ・モモの助の味方をするように号令をかけます。
その頃、ルフィはハート海賊団から蘇生の処置を受け、モモの助はしのぶと共に無事生き延びていました。

”ギフターズ”が次々と寝返ることに

ONEPIECE1017話ブリスコラ

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

お玉の号令を聞いた”ギフターズ”は、お玉に従いカイドウ軍の仲間を攻撃し始めます。
ブリスコラやダイフゴー、ハムレットを始め、城内4階では”真打ち”のポーカーが寝返る事態に
城内2階・3階・地下1階、右脳塔・左脳塔遊郭の池で次々にギフターズが暴走し、鬼ヶ島中がパニックの様相を呈します。

 

クイーンが人獣モードに

ONEPIECE1017話クイーン人獣モード

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

作戦の成功を喜ぶお玉たちを狙うクイーンでしたが、サンジの「”コリエ” ”ストライク”」を食らってしまいます。
昔「MADSマッズ」という研究チームに所属しており、自らの体が”絡繰人間サイボーグ”であると明かすクイーン。
人獣モードに変化してサンジの前に立ちはだかります。
一方、ランブルボールの副作用によってベビジジーの姿となってしまったチョッパー。
ミヤギの持っていた、副作用で倍の苦しみを受けるものの一時的に「超回復」ができるという「ゾウ」の薬をゾロに投与することに。

フーズ・フーの正体が判明

ONEPIECE1017話フーズフー人獣モード

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

城内4階では、ギフターズの寝返りによってフーズ・フーとジンベエが一対一で戦うことに。
「”刃銃ハガン”」を「”魚人空手” ”唐草瓦正拳”」で防いだジンベエに対し、「”ソル”」「”嵐脚ランキャク”」を駆使して攻撃を仕掛けるフーズフー。
ジンベエは、フーズフーが”政府側”の人間の戦闘術「六式」を使っていることから、政府の裏の諜報機関”CP9”のメンバーが捕まり「脱獄」したという昔の事件の噂を思い出します。
ジンベエの言う捕まった”CP9”の元メンバーは自分だと言うフーズフー。

フーズ・フーとジンベエの因縁とは?

ONEPIECE1017話ゴムゴムの実

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

”七武海”の頃のジンベエを見かけたことがあるという発言は、自身が諜報部員だった時の一方的な出来事だったと明かすフーズフー。
12年前のたった一度・・・・・のミスで苦労したと語るフーズフーは、天才ロブ・ルッチに引けを取らないほど有望と言われていたとのこと。
人獣型の姿に変化したフーズフーは、ジンベエが見たことのない「六式」の技「”牙銃ガガン”」を放ちます。
因縁はないと言うジンベエに対し、「お前言ったよな!? 『麦わらの一味』だと!!」と言い放つフーズフー。
12年前に政府の船で護送中・・・の”悪魔の実”が奪われその時に奪われた「ゴムゴムの実」をルフィが口にしてたことが明らかに。

 

ワンピース1017話の内容まとめ

本誌1017話の内容一覧

  • 一対一で戦えず苦戦するジンベエたち
  • お玉がカイドウをやっつけるよう号令をかける
  • ”ギフターズ”が次々と寝返る事態に
  • クイーンは昔「MADSマッズ」という研究チームに所属していた
  • 自らの体が”絡繰人間サイボーグ”と明かすクイーン
  • サンジVSクイーンが始まる
  • チョッパーは副作用でベビジジーの姿に
  • ゾロに「ゾウ」の薬を投与することに
  • フーズ・フーVSジンベエ
  • 「六式」を使って戦うフーズ・フー
  • フーズフーが”CP9”の元メンバーと判明
  • 12年前に政府の船で護送中の”悪魔の実”が奪われた
  • その”悪魔の実”が「ゴムゴムの実」だった

1017話の感想・考察まとめ

お玉の能力は気絶しても継続

ONEPIECE1017話お玉気絶

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

ドンキホーテ海賊団のシュガーの「ホビホビの実」は、触った相手を強制的にオモチャに変えるという能力。
強力な能力でしたが、シュガー本人が気絶すると能力が解除されるという欠点が存在しました。
一方、お玉のきびだんごを食べた相手は、お玉が気絶したとしても能力が継続すると1017話にて判明しました。
SMILEの能力者や動物にしか効かないものの、効果が継続するという面で「ホビホビの実」と差別化されているようです。

チョッパーの姿の変化について

ONEPIECE1017話ベビジジー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年30号

シーザーの言葉を受けて、ランブルボールによる巨大化の時間を3分から30分へと伸ばしていたチョッパー。
副作用として手のひらサイズへと小さくなり、老人のような喋り方をするベビジジーの姿になってしまいました。

フーズ・フーの正体とは?

ONEPIECE998話フーズ・フー

引用元:週刊少年ジャンプ2021年2号
ネコネコの実 古代種
モデル「サーベルタイガー」

百獣海賊団の飛び六胞の一人であるフーズ・フーは、12年前のミスにより捕まるも「脱獄」した、”CP9”の元メンバーのようです。

ゴムゴムの実の経路について

ONE PIECE1話ゴムゴムの実

引用元:『ONE PIECE』1巻1話

1話にてルフィが食べてしまった「ゴムゴムの実」。
元々はシャンクスが船長を務める赤髪海賊団が、敵船から奪い入手したようです。
この「ゴムゴムの実」は12年前に政府の船で護送中・・・に奪われたという経緯が存在するとのこと。

ゴムゴムの実関連の時系列
1 12年前に政府の船で護送中に何者かによって奪われる
2 12年前にシャンクス率いる赤髪海賊団が敵船から奪う
※敵船=政府の船?
3 12年前にルフィが「ゴムゴムの実」を食べてしまう
4 2年前にルフィがフーシャ村を旅立つ

 

ワンピースの関連記事まとめ

ONE PIECEのまとめ記事一覧
1001話 1002話 1003話 1004話 1005話
1006話 1007話 1008話 1009話 1010話
1011話 1012話 1013話 1014話 1015話
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。