漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2021年1月4日5・6合併号感想【まとめ】

こんにちは、シンドーです。
今回の記事では、1/4(月)に発売された週刊少年ジャンプの2021年5・6合併号(1月22・23日合併特大号)の感想・レビューを書いていきます。
がっつりネタバレもあるのでご注意ください。

 

2021年5・6合併号の掲載マンガ一覧

  1. ONE PIECE 1000話
  2. 僕のヒーローアカデミア 296話
  3. 呪術廻戦 134話
  4. Dr.STONE 180話
  5. 僕とロボコ 24話
  6. ブラッククローバー 277話
  7. BUILD KING 7話
  8. マッシュル-MASHLE- 45話
  9. ONE PIECE 100話記念!特別番外編
  10. 食戟のサンジ【読切】
  11. 夜桜さんちの大作戦 65話
  12. SAKAMOTO DAYS 6話
  13. 破壊神マグちゃん 26話
  14. アンデッドアンラック 46話
  15. あやかしトライアングル 27話
  16. 灼熱のニライカナイ 25話
  17. We Were Born【読切】
  18. 高校生家族 20話
  19. 仄見える少年 18話
  20. ぼくらの血盟 16話
  21. AGRAVITY BOYS 50話【完結】
  22. 森林王者モリキング 34話

 

2021年1月22・23日号の各マンガのネタバレ・感想

ONE PIECE 1000話 "麦わらのルフィ"

ストーリー・あらすじ

城内「5階」にたどり着いたルフィは、ミンク族のイヌアラシ三銃士と遭遇。
イヌアラシ三銃士が5階の敵を倒して屋上への階段を確保してくれていた。
「命懸けで雷ぞうを守った事」をルフィに忘れていないと言われて思わず涙ぐむイヌアラシ三銃士。

一方、マルコは大看板のキング・クイーンを抑え込みゾロを屋上へと吹っ飛ばすことに。

場面は変わってヤマトたち。ヤマトはあの日、おでん城のふもとの川で拾ったおでんの日誌をモモの助に渡す。
燃える城から誰かが守ったと思われる日誌には、おでんの豪快な人生と彼の感じた世界が全て記されているとのこと。
彼ら(ロジャーとおでんのこと?)は20年以上先の未来、"新世界"に若き強者たちが押し寄せることを言っていたようだ。(おでんの日誌に書かれていた?)
その未来が今だと渡るヤマト。

ヤマトはエースとのやり取りを回想する。
エースは口が滑ってヤマトに対してルフィの"夢の果て"を語ってしまった様子。
それを聞いたヤマトは泣き、偉大な男がルフィの"夢の果て"と同じことを言ったとおでんの日誌に書かれていたとエースに話す。
エースは「そいつとルフィといつか一緒に飲みたい」と笑うが、その正体は"海賊王"だった。
二人の宴会は終わり、別れ際にヤマトはエースの"命の紙(ビブルカード)"の端をちぎってエースに手渡す。

回想は終わり、エースのカードはある日跡形もなく消えたと話すヤマト。
後日エースがロジャーの息子だった事、エースの"弟"であるルフィが海賊として名を上げていた事を新聞で知った。
おでんは「未来」を以下のように書き記していた。

20年以上先の未来に次の時代を担う強力な海賊達が「新世界」へと押し寄せてくる……!!
おれがもし死んだなら……!!カイドウを討てるのはそいつらだ!!!

ルフィが屋上にたどり着くと、そこにはカイドウとマムの二人の前にキッド・ロー・ゾロ・キラーの四人が揃っていた。

ルフィはカイドウ・マムに向かって歩き出すが二人を無視して錦えもんの元に向かう。
錦えもんの身体を起こしつつ倒れている赤鞘九人男に目をやるルフィ。
錦えもんに「ワノ国」を背負ってくれと言われ、ルフィは当たり前だと返答する。
ルフィはローに赤鞘九人男を下に運ぶように頼むと、カイドウの攻撃をかわし、ギア"3" "ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)"を放つ。
カイドウはルフィの攻撃を受けて殴り倒されることに。
そしてルフィは「おれはモンキー・D・ルフィ お前らを超えて……"海賊王"になる男だ!!!」とカイドウ・マムに向かって宣言した。

 

感想・レビュー

タイトルが"麦わらのルフィ"って時点で胸熱。
海賊王と同じ言葉らしいけどエースもサボも笑うルフィの夢の果てってなんだろう?
カイドウ・マムvsルフィ・ゾロ・ロー・キッド・キラー

 

僕のヒーローアカデミア 296話 極々、地獄

ストーリー・あらすじ

ピクシーボブ・プレゼントマイクたちヒーローが死柄木の撤退を阻もうとするも、ニア・ハイエンドの脳無を3体しか仕留めず、残り7体と共に死柄木一行が行方を晦ますことに。

ギガントマキアとMr.コンプレス、リ・デストロ、外典、トランペットをはじめ超常解放戦線構成員は確保されるも、幹部を含む132人を取り逃がす。

お茶子達が逃げ遅れた人々を助けるも、建物が崩壊し、あまりにも多くの人が怪我をし苦しんでいる光景を目の当たりにし、心が折れて転職先を探すと言うヒーローの姿も。

また、ミッドナイト先生やクレストを始め、多くのヒーローが命を落とすことに。
荼毘によってエンデヴァーに関して様々な憶測が流れ始める。

死柄木の身体を支配したAFOは、同日の夜にニア・ハイエンド達とタルタロスを襲撃しようとする。

 

感想・レビュー

人がたくさん怪我をして死んでいることがわかってつらい。ミッドナイト先生が死ぬとは…
AFO取り返されたら終わりでは?
絶望感が半端ない。

 

呪術廻戦 134話 渋谷事変51

感想・レビュー

 

Dr.STONE 180話 悍ましくも美しく

感想・レビュー

 

僕とロボコ 24話 ルリと手塚賞

感想・レビュー

 

ブラッククローバー 277話 金色の夜明け副団長

感想・レビュー

 

BUILD KING 7話 逆さじょの秘密

感想・レビュー

 

マッシュル-MASHLE- 45話 レイン・エイムズと刺激的な魔法使い

感想・レビュー

 

ONE PIECE 100話記念!特別番外

感想・レビュー

 

食戟のサンジ【読切】

感想・レビュー

 

夜桜さんちの大作戦 65話 夜桜夫婦ババ抜き大決戦!!

感想・レビュー

 

SAKAMOTO DAYS 6話 ナグモ

感想・レビュー

 

破壊神マグちゃん 26話 母 宮薙涙依

感想・レビュー

 

アンデッドアンラック 46話 現在で会おう

感想・レビュー

 

あやかしトライアングル 27話 祓香

感想・レビュー

恋緒がいいキャラしてる
ここも三角関係になりそう

 

灼熱のニライカナイ 25話 海底遺跡

感想・レビュー

水中でハンドサインで複雑な会話しすぎだけどこれはギャグなの?
マーマンとかいう新要素出てきたな
思ったより面白くなってきたかも

 

We Were Born【読切】

感想・レビュー

約束のネバーランドの二人による読切。
読切では鬼の設定はなくて臓器売買する人間だったのか
読切は連載版に比べると正直あんまり面白くない

 

高校生家族 20話 英語の壁

感想・レビュー

英語の発音の下りが長すぎるけど、確かにRとLの発音の違いはよくわからないし、thの発音の仕方もいまだに不明。

 

仄見える少年 18話 覚悟

感想・レビュー

腕だけ攻撃しても解決するのか?
覚悟というサブタイトルの割に1話使っての解決方法が想像の域を出なくて正直微妙。

 

ぼくらの血盟 16話 藍月

感想・レビュー

扉絵スカスカすぎない?
緋月・紅月・朱月と全部赤っぽい色でわかりにくいな
藍月は西山と同じで弟に嫌がられてるワンパターン
廻峯に関しては正論しか言ってないな

 

AGRAVITY BOYS 50話 Defying Gravity

感想・レビュー

 

森林王者森モリキング 34話 願い

感想・レビュー

来週完結しそう