漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【SAO映画】最新劇場版「星なき夜のアリア」の感想・ネタバレまとめ|続編は「冥き夕闇のスケルツォ」【ソードアート・オンライン】

劇場版『ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の感想・レビューを掲載しています。
SAO最新映画のネタバレ・次回作『冥き夕闇のスケルツォ』についてもまとめているので、是非ご覧ください。

SAO劇場版アイキャッチ

引用元:公式Twitter

目次

ネタバレが含まれておりますので、映画を未鑑賞の方はご注意ください。

映画「星なき夜のアリア」とは?

ソードアート・オンラインについて

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(「電撃文庫」刊)。
次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2021年現在、全世界での累計発行部数は2,600万部を突破。
TVアニメは2012年に第1期が放送され、現在までに4シリーズ(全97話※1)が放送されている他、ゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされている。
2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。
興行収入25億円を突破する大ヒットを記録した。

引用元:『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』オフィシャルサイト

「星なき夜のアリア」について

SAOの最新映画『ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』は、2021年10月30日(土)に上映が開始された作品。
SAOの物語の始まりである「アインクラッド」編を第一層から攻略していく、『ソードアート・オンライン プログレッシブ』シリーズをアスナ視点で描いていくといった内容となっています。

原作を読むなら?

SAO最新映画の「星なき夜のアリア」は、『ソードアート・オンライン プログレッシブ』シリーズの1巻に収録された話をベースとしています。
ただし、1巻が約500ページの分量からなるのに対し、「星なき夜のアリア」と題された章はその内の150ページほどとなっています。
『ソードアート・オンライン』シリーズとは内容がやや異なるので、アインクラッドを攻略していく過程が気になる方におすすめとなっています。

ソードアート・オンライン1 アインクラッド
発売日 2009年4月10日
ソードアート・オンライン プログレッシブ1
発売日 2012年10月10日日
新キャラ「ミト」が登場

SAOミト

引用元:公式Twitter

劇場版では、原作には登場しない「ミト(兎沢深澄)」というキャラが登場。
『ソードアート・オンライン』シリーズ・『プログレッシブ』シリーズのどちらでも登場していませんが、今後原作でも登場する可能性はあるでしょう。

「星なき夜のアリア」のネタバレ

「星なき夜のアリア」のストーリー

これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――

あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。

ゲームマスターは告げた。
《これはゲームであっても遊びではない。》
ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。

それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。
そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。

死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。
そして、《別れ》――。

《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

引用元:『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』オフィシャルサイト

主要キャラ一覧

キャラ名 CV・特徴
キリト CV:松岡禎丞
デスゲーム《ソードアート・オンライン》に巻き込まれた少年。
女性のような顔立ちと線の細いシルエットだが、戦いの腕は《SAO》でもトップクラス。
アスナ CV:戸松遥
キリトと同じく《ソードアート・オンライン》に巻き込まれた少女。
ログアウトできないという現実に悲観するも、《戦友》からの言葉で戦うことを決意する。
ミト CV:水瀬いのり
私立エテルナ女子学院に通うゲーム好きな少女。
学院のクラスメイトで、心を許せる数少ない友人である明日奈を《SAO》の世界に誘う。

アスナの過去が明らかに

本来、SAOではキリト視点で物語が書かれていますが、劇場版「星なき夜のアリア」ではアスナ視点で物語が進んでいきます
アスナがSAOを始める経緯は詳しく描写されていませんでしたが、劇場版では新キャラ「ミト」に誘われてSAOを始めることに。
キリトと出会うまで、アスナがどのように過ごしていたのかも描かれることとなります。

ミトとアスナが別れる理由とは?

SAOでログアウトができなくなったと判明し、行動を共にするミトとアスナ。
元ベータテスターのミトのアドバイスもあり、二人はパーティを組んでゲームクリアに向けて順調にレベルを上げていきます。
ある日、雑魚モンスターの対処をアスナに任せたミトは、レアアイテムをドロップするモンスターを狙います。
ミトはレアアイテムを手に入れることに成功しますが、アスナが大量のモンスターを誘き寄せ、囲まれてしまうことに。
崖から落ちてしまったミトはアスナを助けようとするも、アスナが誘き寄せてしまったモンスターに邪魔をされ、アスナの元になかなか向かうことができません。
そんな中アスナのHPが尽きかけてしまい、アスナのHPが尽きるのを見たくないという思いから思わずアスナとのパーティを解除してしまいます
アスナを見捨てた罪悪感に苛まれるミトは、アスナの生死を確認できずにそのまま一人で生きていくことに。
一方のアスナは、突如現れたキリトに助けられ生存していました

「星なき夜のアリア」を観た感想

SAO初見の人でも楽しめる映画

劇場版「星なき夜のアリア」では、ソードアート・オンライン(SAO)を一層から攻略していく内容となっており、SAOシリーズが初見の人でも十分楽しめる内容となっています。
原作・アニメとは異なる部分が多いですが、劇場版からSAOシリーズを楽しむというのもアリでしょう。

劇場版としては微妙

SAOシリーズは、2017年に『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開され、興行収入25億円を突破する大ヒットを記録。
前作は映画オリジナルの要素が多くSAOシリーズのファンでも楽しめましたが、「星なき夜のアリア」はアインクラッドを1層から攻略していくという内容であり、劇場版特有のシーン・キャラなどが追加されており、劇場版ならではの作画で満足感は高いものの、内容を見るとアニメの焼き直しというイメージが強いです。
「プログレッシブ」シリーズの映像化を期待していた人にとってはオススメですが、アニメを既に見ていた人にとっては既視感が多い作品と言えるでしょう。

ミトがあまり魅力的ではない印象

劇場版「星なき夜のアリア」で新キャラとして追加されたミト。
学年2位のアスナよりも頭が良い、学年1位のゲーム好きのクラスメイトとして登場しますが、キリトほどの強さはありません。
1層のボス攻略時では、アスナの方が強いのではと思わせるほどでした。
パーティを解除するといった行動も個人的には理解し難く、アスナがSAOを始めるキッカケに過ぎないキャラという印象でした。

1層攻略後は登場しない可能性も?

1層のボス攻略時には、レアアイテムとしてドロップしたレイピアをアスナに渡し、ボス攻略の一助となったミト。
今後はアスナ・キリトと行動を共に二層に向かうのかと思いきや、キバオウたちを始めとした他メンバーの元に戻ることに。
「プログレッシブ」シリーズのキリト・アスナが二人でSAOを攻略していくといったイメージを崩さないためかもしれませんが、ここでミトがアスナと行動を共にしない・後を追わないのであれば、キャラを追加した意味があまりないのではないでしょうか?
次回作「冥き夕闇のスケルツォ」では新キャラとしてキズメルが登場する可能性があり、ミトの活躍には期待ができないかもしれません。

次回作「冥き夕闇のスケルツォ」

新作が2022年上映予定!

劇場版『ソードアート・オンライン -プログレッシブ-』は、「星なき夜のアリア」の続きとして「冥き夕闇のスケルツォ」が制作されるとのこと。
2022年上映予定とのことで、約1年後にはSAO映画の新作が見られると思われます。

「冥き夕闇のスケルツォ」とは?

「プログレッシブ」4巻のサブタイトル

「冥き夕闇のスケルツォ」とは、「プログレッシブ」シリーズの4巻のサブタイトル。
「星なき夜のアリア」ではゲーム開始〜1層攻略までが描かれることとなりましたが、次回作「冥き夕闇のスケルツォ」では5層に到達したキリト・アスナの戦いが描かれることになるでしょう。

「プログレッシブ」4巻のあらすじ
自身の仮想体(アバター)の死が現実の死となるデスゲーム《ソードアート・オンライン》に閉じ込められて二ヶ月弱。
攻略の最前線であるキリトとアスナは第五層へと到達していた。

迷路のような街並みと極端に森や川などの自然が少ないこの≪遺跡エリア≫エリアで、二人はゲームの醍醐味でもある≪遺物拾い≫をこなし、アイテムやコル(お金)を稼いでいく。
一度第四層に戻り、ダークエルフの城主ヨフィリスから≪クエスト報酬≫をもらったのち、続いてキリトは街の地下墓地で発生する小規模な《クエスト》のクリアを提案する。
アスナも賛同するが、それが彼女の不幸の始まりだった。

そのクエストには、強力なレイピア使いであるアスナがもっとも苦手とするモンスターが登場するからだ。
そう、墓地といえば――。
果たして、アスナは恐怖心を克服し、第五層を攻略できるのか……?

引用元:電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。