漫画考察ブログ|シンドーログ

マンガの感想・考察を中心に語るブログ

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2020年2月10日9号感想【まとめ】

こんにちは、シンドーです。
今回の記事では、1/27(月)に発売された2020年9号(2月10日号)の感想・レビューを書いていきます。
がっつりネタバレもあるのでご注意ください。

2020年9号の掲載マンガ一覧

  1. マッシュル -MASHLE- 1話【新連載】
  2. 呪術廻戦 92話
  3. ONE PIECE 969話
  4. 約束のネバーランド 165話
  5. 僕のヒーローアカデミア 258話
  6. 鬼滅の刃 191話
  7. AGRAVITY BOYZ 6話
  8. Dr.STONE 136話
  9. アンデッドアンラック 2話
  10. アクタージュ act-age 98話
  11. ハイキュー!! 381話
  12. ミタマセキュ霊ティ 21話
  13. ZIPMAN!! 7話
  14. ブラック・クローバー 237話
  15. チェンソーマン 55話
  16. ぼくたちは勉強ができない 144話
  17. 夜桜さんちの大作戦 21話
  18. サムライ8 八丸伝 35話
  19. ゆらぎ荘の幽奈さん 192話

2020年2月10日号の各マンガのネタバレ・感想

マッシュル -MASHLE- 1話 マッシュ・バーンデッドと鍛え抜かれた筋肉

ストーリー・あらすじ

みなが当たり前のように魔法を使い、当たり前のように魔法が日常にある世界。
そんな世界で主人公のマッシュ・バーンデッドは魔法が使えない青年だった。
魔法が使えなくても生きていけるようにと、マッシュの父親であるレグロは、マッシュに筋トレを課していた。
そんな最中、マッシュはレグロに行ってはいけないと言われていたにも関わらず、街へと出かけてしまい、魔法が使えないことがバレてしまうー

感想・レビュー

魔法が使えるのが当然の世界で、主人公が魔法を使えず、筋トレをしていたためにめっちゃ強くなってるというありがちな話。
絵もそこまで上手くないし今のジャンプのラインナップだと、2話以降が面白くないとすぐ打ち切りになりそう。
顔にアザがないと魔法が使えないって前提で話が進んでるけど、実際主人公魔法使えそうな気がする。
「お前ら全員地獄行き」とか「グーパンで」とか寒いセリフ多いなーという印象。

呪術廻戦 92話 渋谷事変⑩

ストーリー・あらすじ

21:22の渋谷で、改造された人間が非術師を襲い始めたため、3班が突入することに。
3班は釘崎・真希さん・あと誰か、伏黒・七海・あと誰か、パンダ・あと誰かの各グループ。

伊地知さんは呪霊?に刺される。

21:26の渋谷駅のB5Fで、獄門疆が封印した五条という情報を処理しきれていないため、夏油達は動けない状態に。
その状況をメカ丸が把握したことで、虎杖・七海が合流することに。

感想・レビュー

前話読んで五条が獄門疆の封印を破ったと思い込んでたけど、実際は全然違くて恥ずかしすぎた。

伊地知さん刺されてしまった…刺した呪霊誰だっけ?単行本読み返さないとなー

虎杖が普通に建物の外から上まで駆け上がって、屋上からナナミンと大声で叫ぶところ、いいキャラしてるなーという感想。

真人とかが虎杖を殺すって言ってるけど、普通に負けそうな気がする。もしくは宿儺にやられそう。

ONE PIECE 969話 バカ殿

ストーリー・あらすじ

おでんはオロチに斬りかかったが、琵琶法師・黒炭せみ丸の"バリバリの実"の能力によって防がれてしまう。
大名等が信じた前将軍でありおでんの父親・スキヤキの言葉だが、そのスキヤキは"マネマネの実"で化けたババーの虚言だった。
おでんはオロチに「父に何をした…!!本当に病で死んだのか!?」と問い詰めたが、ここでオロチがなんと答えたのかは不明だ。

光月家のおでんがオロチの城に乗り込んだのを見ていた町民達は、城を見上げて騒いでいたが、どこからともなく毒矢が放たれ、2名が倒れ激しい吐血と共に失明した。
屋内に逃げた町民達は、曇りゆく都の空に大きな龍を確認した。

城に乗り込んだ数時間後、おでんは将軍オロチの城の前で裸になりおどけていたー
オロチとカイドウの部下達が笑う中、媚びへつらいわずかな賃金を得て帰っていくおでん。
ワノ国の正当な世継ぎ・光月おでんの帰還は、言わば国中に最後の希望であったが、町民達の想いは見事に裏切られ、人々は大きく失望、やがてそれは怒りにさえ変わっていったー
週に一度都に現れ、城の前でおどけわずかな金をもらうおでんは、バカ殿と称されるようになった。

今から24年前であり、おでんがワノ国に帰還し一年が過ぎた頃、"海賊王"ゴールド・ロジャーは処刑され、彼の残した"ひとつなぎの大秘宝"を求めて、ありとあらゆるものが海へ漕ぎ出した。
「大海賊時代」の幕開けである。
新聞を読んだおでんは、「ロジャー!! すげェなお前は!! すげェ人生だ!!!」という反応。

今から23年前、おでん帰還から2年目、「鈴後」にで「ゲッコー海賊団」と「百獣海賊団」の戦争が勃発。
同時に刀神リューマの墓荒らし事件が起こった。
そんな折もおでんは踊っており、九里の"バカ殿"と接する者は、共に笑い者の家族と家臣、イエヤスとヒョウ五郎親分などであった。

おでん帰還から3年が過ぎ、4年が過ぎてもワノ国は何も変わらなかった。

5年目になるとオロチが動き、"九里"に現れると「ここに新しい武器工場をいくつか建てたい」とおでんに告げた。
おでんは「船の方は…!? カイドウと…」という反応だったが、オロチは「何の話だ?」と一蹴。
また、オロチの手に負えないとのことから、カイドウによってワノ国の「裏の顔」である"花のヒョウ五郎"が捕らえられ、反発した子分16名が死亡し、ヒョウ五郎の妻も射殺された。

5年間"何か"を一人で背負い込み続けていたおでんは、それを聞くと「カイドウを討つぞ!!!」と宣言。

さて!!お立ち会い!!
これよりご覧いただきますは
ワノ国中が涙した光月おでん
一世一代の大騒動!!!
彼に拾われ武士となった九人の男が揃い踏み
刻は夕刻 真紅に色づく太陽は
戦い勇む男達を炎の様に赤く照らし
腰に差した刀も然り 燃ゆる命を映し込む
人々は後にその強き忠義心を尊び彼らを
「赤鞘九人男」と呼んだ
敵はカイドウ 他に目もくれず
行く道は悲しくも過去の話
行きつく先は光月おでんの公開処刑
後世に語り継がれる「伝説の一時間」まで
まばたきなき様お願い奉り候!!!

感想・レビュー

前の"バリバリの実"の能力者も出てきてちょっと驚いた。
おでんとオロチの話をシノブが見ていたけど、実際何を話してたんだろう…気になる。

ロジャーが処刑されたのを知った時のおでんの反応もよくわからなかったけど、これも伏線として回収されるんだろうなあ

最後の赤鞘九人男は、「ネコマムシ」「雷ぞう」「アシュラ童子」「河松」「錦えもん」「菊の丞」「カン十郎」「?」「イヌアラシ」と9人いたけど、右から2番目は傳ジローかな?
ゾロの村にいた剣の先生にめっちゃ似てるけど…

約束のネバーランド 165話 You Can Fly!

感想・レビュー

ママ(イザベラ)がその後どうなってたのかは気になってたから、今回で補完されてよかった。
エマ達とママの再会はなんか怖いけどワクワクする。
なんか今回めっちゃ短かった気がする。

僕のヒーローアカデミア 258話 仲間

ストーリー・あらすじ

街からヒーローが消えた約二ヶ月前の話。
超常解放戦線は4つの部隊に別れていた。

開闢行動人海戦術隊"BLACK" トゥワイスや「サンクタム」が所属。
開闢行動遊撃連隊"VIOLET" 荼毘が所属。
開闢行動情報連隊"CARMINE" トガヒミコが所属。
開闢行動支援連隊"BROWN" スピナーやコンプレスが所属。

死柄木達は、現行制度即ちヒーローの殲滅、超常原始に法が意味を失ったように混沌の世を創り出すという、AFOの再演を目論んでいた。

その死柄木は京都の山で四ヶ月かけて強化中とのこと。

春休みが終わる頃、1年A組を始め雄英生たちがインターン遠征として、後方で住民の避難誘導をするという引きで終わり

感想・レビュー

トゥワイスがトラウマを克服したのは確かにヤバイ。
ホークスはトゥワイスのことどう思ってるんだろうな…

鬼滅の刃 191話 どちらが鬼か

ストーリー・あらすじ

愈史郎が炭治郎を治療し、村田さんの呼びかけもあって(?)か、遂に炭治郎が目を覚ます。

一方で、柱たち・善逸達は健闘していたが、身体が透けて見える岩柱が伊黒に「体が透けて見えないか?」と声を掛けたのを聞いたためか、無惨が鬼殺隊を吹き飛ばした。
岩柱は左足を失い、義勇さんは右腕もしくは左腕を失い、カナヲを除く他の人はみな斬り飛ばされた。
カナヲは刀を折られ、無惨の目の前で殺されかけたが、復活した炭治郎が無惨の腕を斬り飛ばしつつカナヲを救い出した。

右目付近が腫瘍のようなもので覆われている炭治郎を見て、「どちらが鬼かわからないな、竃門炭治郎」と言う無惨。炭治郎を見て縁壱を思い出し「…虫酸が走る」と零す無惨に対し、「終わりにしよう、無惨」と言う炭治郎で引き。

感想・レビュー

炭治郎復活!!! カナヲを助けたところとかめっちゃ格好いい。
だけど顔にできてる腫瘍みたいなやつヤバイ…

岩柱・義勇さんの二人は四肢欠損してるし、小芭内・善逸・猪之助はめっちゃ出血してるしで大ピンチ… 風柱はなんか草。

来週からは炭治郎VS無惨かな?めっちゃ楽しみ。

AGRAVITY BOYZ 6話 Settler

感想・レビュー

「Baba bkubwa(ババ・クブワ)」って本当にスワヒリ語で"偉大なる父"って意味なのかな?

まさかのタイトル回収で草

Dr.STONE 136話 MEDUSA VS SCIENCE

感想・レビュー

千空の龍水への信頼度が高すぎる。

アンデッドアンラック 1話 不死と不運

感想・レビュー

風子とかアンディみたいな能力者のことを、否定者というらしい。

対未確認現象統制組織"ユニオン"の否定者10人はなんて異能だろう?

2話目は割と良かったから今後に期待。

アクタージュ 98話 風

感想・レビュー

リッキーが台本無視して夜凪の芝居を守るという選択肢を取るとはなあ…
本当は白石さんがやるつもりだったのをリッキーが庇ったのか

これで負けは確定しちゃったけどいい話だったな

ハイキュー!! 381話 呉越同舟

感想・レビュー

小さな巨人漫画家になってて驚いたけど、もうすぐ打ち切りで笑った。
赤葦は出版社の少年漫画誌配属ってすごい。

日向が影山以外のセッターとも変人速攻できるのはすごい。

ミタマセキュ霊ティ 21話 涙のファインプ霊

感想・レビュー

ハゼレナかわいい。

ZIPMAN!! 7話 VS女戦士

感想・レビュー

悪くはないけどそこまで面白くもないかなあ

ブラック・クローバー 236話 ただ頑なに

感想・レビュー

クラウス先輩かっこいい。
団長でも負けるとか敵強すぎでは…?

チェンソーマン 55話 レッツゴー

感想・レビュー

日下部さんデンジにドン引きでわろた

宮城公安対魔2課は日下部・玉置・吉田の3人、京都からはスバルさん・黒瀬・天童の3人がデンジの護衛として登場。

ぼくたちは勉強ができない 144話 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ③

感想・レビュー

うるか良い子だなぁ…